現金化業者と闇金
お金のやりくりに困っている人にとって、便利なクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化

自分で商品を購入して換金する方法と、現金化業者を利用する方法がありますが、やはり手間がかからず、すぐに現金を手に入れたいのであれば、業者を利用するのがオススメです。

しかし最近、本来安心して利用できるはずの現金化業者のなかに、闇金あがりの業者が入り込み、悪質な行為をはたらいているという話も耳にします。

こういった業者を避けるために、ぜひ悪質業者を見分けるポイントをおさえておいてくださいね。

家に居ながら安心安全に現金化!▶▶あんしんクレジット
業界換金率98.8%あんしんの実績!利用者№1
公式URL:https://www.anshincredit.com/

闇金業者がクレジットカード現金化に参入してきた背景

クレジットカードのショッピング枠を使った現金化は、

  • 事情があってカードローンが利用できない
  • クレジットカードのキャッシング枠を限度額いっぱいまで使ってしまった
  • どうしてもまとまったお金が必要な状況にある
  • 審査なしで現金を調達したい

…といった方から、とても支持されている便利なシステムです。

また、手に入れた現金の返済は、通常のお買いもの同様クレジットカード会社に行うため、一括払いであれば無利子、分割であっても消費者金融などより低い利息に設定されています

しかし近年、現金化業者のなかに、一部、闇金業者がもぐりこんでいるという事実があります。

そのため、優良な現金化業者と思って利用した結果、悪質な被害にあってしまったケースもあるのです。これはいったどういうことなのでしょうか。

クレジットカード現金化業者の利便性

銀行や消費者金融からのキャッシングには、「総量規制」という法律があります。

総量規制とは、貸金業者は年収の1/3以上のお金を貸してはいけないという決まりです。

これは、経済的に困っている人が、お金を借りすぎることで、かえって経済状態が悪化したり、自己破産をしたりすることを防ぐためのものです。

実際、この総量規制により、無計画な借りすぎを防ぐ一定の効果は出ているのですが、一方で、収入の少ない人はお金が借りられない、という問題も出てきました。

そんな方たちにとって、救いになるのがクレジットカードの現金化業者です。

クレジットカードの現金化は、あくまでもショッピング枠を利用した買い物なので、現金化業者は貸金業者にはあたりません。

つまり、貸金業法である「総量規制」は適応されないため、収入の少ない方でも、収入がゼロの専業主婦の方であっても、利用することができるのです。

現金化業者を装って営業をする闇金業者

しかし、この仕組みに目をつけたのが闇金業者です。

闇金業者とは、銀行や消費者金融のように「貸金業」としての登録を行わず、法外なまでの高金利でお金を貸したり、悪質な取り立てを行ったりする業者のこと。

もちろん、貸金業に登録していないため、年収の1/3などという総量規制は初めから無視しています。そのため、収入がない、ほかの金融機関からはお金を借りることができないといった方が、最終手段として行きついてしまうケースが多いのです。

しかし、この闇金業者も、近年の法改正や取り締まりの強化により、営業がしづらくなってきました。

そのため、近年、資金繰りに困っている方に大変人気の高い現金化業者を装って、詐欺まがいの営業を行っていることがあるのです。

問題は、現金化業者の利用が初めての方の場合、良い業者なのか闇金あがりの業者なのかを見分けることは困難だということ。

それどころか、手口によっては利用後も詐欺にあったことにすら、気がつかない場合もあります。

では、どのようにして優良現金化業者と、闇金あがりの業者を見分ければ良いのでしょうか。

闇金上がりの可能性が高い業者の特徴5つ

悪徳の可能性が高い業者
すべてとは言い切れませんが、悪徳業者は闇金上がりである可能性が高くなります。では、悪徳業者の特徴を見ていきましょう。

①会社概要がホームページに記載されていない

きちんとした営業を行っている現金化業者であれば、所在地や電話番号、代表者氏名、設立年月日などの会社概要がホームページに記載されているはずです。

逆にホームページが簡素すぎて、知りたい情報がほとんどない場合は、何か記載できない理由があると疑って良いでしょう。

特に、所在地はしっかりと確認し、グーグルアースなどで本当に記載されている場所に会社が存在するかどうか確認するくらいの慎重さはあっても良いかもしれません。

②連絡先が携帯番号

ホームページに記載されている電話番号が、携帯番号のみの業者は要注意です。

もともと会社自体が存在しないために固定電話がないケースもありますし、所在を明かしたくないために敢えて記載しない場合もあります。

いずれにしても、商品の購入後、お金を振り込まないまま音信不通になってしまうといった恐れもあるので、こういった業者は利用してはいけません。

③現金化にかかる手数料を教えない

一見、惹かれてしまう「換金率」の高い業者ですが、これも注意が必要です。なぜなら現金化には、換金率以外に「手数料」が関係してくるからです。

手数料とはおもに、消費税、カードの決済手数料、商品の配送料などです。

優良業者の場合、この手数料を全て含んだうえで換金率を出しているか、または換金率のほかにこれらの手数料がかかることを事前に教えてくれます。

しかし、闇金あがりの悪徳業者の場合、高換金率であることだけをホームページやインターネット広告などに全面的に押し出し、手数料がかかることには触れません。そして、還元率に法外な手数料を上乗せするのです。

そのため、いざ現金が口座に振り込まれたときになって、最初に聞いていた換金率より、かなり低い金額が振り込まれているといった事態になってしまいます。

こういったことを防ぐためには、契約前にどういった内容の手数料がいくらかかるのか、最終的に振り込まれる金額がいくらなのかをはっきりと確認する必要があります。

④クレジットカード番号を聞き出そうとする

現金化業者を利用する際には、氏名・住所・電話番号などの個人情報や現金の振込口座、さらに免許証や保険証などの身分証明書を提出する必要があります。身分証は写メまたはコピーしたものをFAXで送るかたちとなります。

しかし、クレジットカード情報は必要ありません。

万が一、なんらかの理由をつけてクレジットカード情報を聞き出そうとしたり、コピーの提出を求められたり、申し込み入力フォームに記載項目がある場合は、確実に闇金や悪徳業者と思って良いでしょう。

クレジットカード番号と有効期限が分かれば、誰でもそのカードを自由に使うことができてしまいます。悪用される可能性が非常に高いので、絶対にこういった業者は利用してはいけません。

個人情報について詳しく書きました!気になる方はコチラから『クレジットカード現金化で個人情報が流出してしまう心配はないの?

⑤大手金融機関や企業と名前を似せている

利用者を安心させるため、会社名に知名度の高い大手の金融機関や企業に似せた名前を使っているところがまれにあります。

一文字違いや、会社のロゴやイメージカラーが似ているなど、タイプはさまざまですが、実際には全く関係ないので、惑わされないようにしましょう。

クレジットカード現金化業者と闇金についてまとめ

クレジットカードのキャッシング枠をすでに使いきってしまったり、収入面など何らかの問題でカードローンが組めなかったりしたとき、現金化業者はとても頼りになる存在です。

しかし、すぐにお金が必要な人の弱みにつけこむ闇金業者が一定数いることや、その手口は知っておくべきです

そうすれば、現金化業者を利用する際も、一旦冷静になり、きちんとした営業をしている優良業者を選ぶことができます。

ぜひ、正しい知識を身につけ、安心して現金化業者を利用してください。
クレジットカード現金化が違法なのかじっくり知りたい方はこちらの記事をご覧ください『クレジットカード現金化は違法なの?逮捕される心配は?