クレジットカードの審査
日々の買い物や飲食店の支払いは、急速にキャッシュレス化が推し進められています。インターネット通販の普及で「クレジットカードを触らない日は無い」という方も少なくないでしょう。

商品購入代金や利用サービスの支払いを行うショッピング機能と、手持ちの現金を補充できるキャッシング機能を併せ持ったクレジットカードは、現代生活を快適に過ごすのには必要不可欠な存在となりました。

非常に便利なクレジットカードですが、カード作成にはカード会社の行う審査を通過する必要があり、実は全員が持てるものではありません。残念ながら審査を通過しない方も一定数存在します。

クレジットカードの審査に落ちる理由と解決策を考えます。

クレジットカードの審査とは?

ショッピングモールや大型量販店などでは、新規カード会員キャンペーンなどを見かけない日がないほど、クレジットカード会社は積極的に新規会員の募集を行っています。しかしキャンペーンであってもカード発行には必ず審査が行われます。

カード会社はなぜ審査を行うのか

既に紹介したとおり、クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能が実装されています。ショッピング機能を利用して買い物をした場合、商品代金などの支払いはカード使用代金の支払日までカード会社が立て替えています。

キャッシング機能に関しても、各カード会員に割り当てられた使用限度額以内であれば、ATMにカードを差し込むだけで自分の口座から引き出すような感覚で現金を引き出すことができます。

カード会員に代金の立替や現金の借受を提供しているのですから、カード会社は会員の収入状況や他社のカードの使用状況などがどうしても気になります。そこでそれらの状況を確認し、各カード会員に割り当てる使用上限を設定してクレジットカードを発行するために審査を行います。

他社のカード使用状況はどうやって調べるのか

クレジットカード会社などの金融機関は、次に挙げる信用情報機構を通じて審査を行います。

  • 全国銀行協会:銀行が加盟します。
  • CIC(クレジット・インフォーメーション・センター):クレジットカード会社や信販会社が加盟します。
  • 日本信用情報機構:消費者金融や信販会社が加盟します。

各団体は、本人の属性、クレジットカードやキャッシングの契約状況、借入や返済などの取引状況などの信用情報を収集管理しています。そしてこの3つの各団体の管理する情報で、一般的にブラックリストと呼ばれる金融事故情報は、CRIN(クリン)と呼ばれるネットワークを通じて全ての金融機関が共有しています。

クレジットカードの審査に通過できない理由は?

審査に落ちる理由とは
カード会社はクレジットカード新規発行申込みフォームに記載されている、ユーザーの情報をもとに上記の信用情報機関やCRINから情報を得て審査を行います。審査内容は基本的には同じスコアリング審査なのですが、カード会社やカードの種類でスコアリング基準が異なるので、審査が厳しい場合とそうでない場合が発生します。

審査を通過しない場合は次に挙げる条件に当てはまったのではないかと考えられます。

本人の属性がカード発行基準を満たしていない

カード審査で重要視されるのは属性と呼ばれる年収、年齢、勤続年数、居住年数、勤務先、雇用形態などの条件です。既に紹介したように購入商品代金などの立替や現金の貸付を行うカード会社にとって、本人の返済能力と信用が比例関係にあります。カード会社では返済能力を量るために本人の属性を重要視し、同じ勤務先への勤務年数が長く一定の収入があり、同じ住所に長年居住してことが信用に繋がります。

信用情報機関に金融事故情報が記載されている

一般的にブラックと呼ばれる信用情報機関に金融事故情報が記載されている状態は、カード審査を通過できない状況でも、最も厳しい状況だと言えます。クレジットカードを発行するカード会社には「金融事故情報があるユーザーにはカード発行を行わない」というガイドラインが存在するために、カードの新規発行は現実的でないと考えられます。

信用情報機関で共有さる情報の中には、カードの新規発行申請と審査不通過の情報も収集され管理されるので、何社ものカード会社にカード新規発行の申請を行うことは「怪しいユーザー」という印象が共有される原因となります。金融事故情報だけではなく、支払い遅延や滞納、多重債務、自己破産などの事情を抱えている方は、ネガティブな情報が抹消されるまで、新規カード発行申請を控えるべきでしょう。

支払い遅延や滞納の中には分割購入した携帯のデータも含まれますので、借金をした覚えがない方でも知らない内に、リスト入りしていることもあります。

信用情報期間に利用履歴が存在しない

今まで現金決済主義でカードの利用実績が全く存在しない方が、クレジットカードの新規発行を申請した場合に発生する問題が「信用情報期間に利用履歴が存在しない」です。一見問題がないように感じますが、実はそうではないのです。

既述した金融事故情報や支払い遅延や滞納などのネガティブ情報は一定期間で消滅します。カードの査定担当者は申請者が真っ白な人なのか、問題があったもののデータが消滅したばかりの人なのかの区別がつきません。

リスクを嫌うカード発行会社は「利用履歴がないのは漠然とだが怪しい」と感じ審査を通過させないことがあります。非常に理不尽な話ですが、利用履歴がないということは信用するに値するかどうか判らないと言う状態なのです。

他社のクレジットカードでの借入やローン残高の額が多い

カードの審査ではユーザーの返済能力を重要視することは既に紹介しました。他社のクレジットカードでの借入やローン残高の額が多い状態で、カードの新規発行手続きの申請を行うと「完済前に金策をしているのでは」と受け取られ、支払い能力を上回る追加申請として処理される場合があります。

支払い能力を上回ると言うことは返済能力が期待できないという判断が下され、審査を通過することができなくなります。

クレジットカードの審査に通過するためには?

クレカの審査に通るようにするには
前項で紹介した理由でカードの審査を通過できない場合は、クレジットカードの新規発行を諦めるべきなのでしょうか?確実に審査を通過できる方法は存在しませんが、前項の審査を通過しなかった理由に思い当たるふしがある場合は、審査の通過率を上がると考えられる方法がありますので紹介します。

属性がカード発行基準を満たしていない場合の対策

カード会社の中には、学生や主婦、アルバイトやパートでもカードの新規発行を行うものがあります。比較的スコアリング審査の基準が高くないカード会社を選んでクレジットカードの新規発行申請を行うと、審査を通過できる確率が上がります。

学生がクレジットカードを作るときのポイントがわかる記事です。
→『学生でもクレカは作れるの?学生がクレジットカードを作るためのおすすめのポイント

クレジットカードにはカードブランドが発行するプロパーカードと、提携企業が発行する提携カードの2つがあり、大型量販店などが提携して発行する提携カードは比較的スコアリング基準が高くないといわれています。

また利用に抵抗が無ければ、消費者金融が提携する提携カードもスコアリング基準が高くなく即時発行サービスを行うケースも多いので、属性がカード発行基準を満たしていない場合の対策にはなると言えるでしょう。

金融事故情報歴を抱えている場合の対策

信用情報機関に金融事故情報が記載されている一般的にブラックと呼ばれる状況では、クレジットカードの新規発行は非常に難しいのですが、実は絶対に不可能ではありません。

事故案件の延滞金や残金を完済している場合や、弁護士などを通じて債務処理を完了させている場合は、信用情報機関の管理する情報の「終了状況」が「完了」と記載されます。
終了状況が完了となって5年が経過すると情報が消滅しますので、その後はカードの新規発行を受けることが出来るようになります。

5年間の情報消滅期間を待てない方は、消費者金融が発行する提携カードに新規発行申請を行うと比較的審査を通過する確率が高くなります。ただ既に紹介したとおり、無闇に新規発行申請を繰り返すのは逆効果ですので、カスタマーセンターなどを利用して正直に現状を説明することが、さらに審査通過率を上げるのに有効だと言えるでしょう。

利用履歴が存在しない場合の対策

この場合は、クレジットヒストリー(通称:クレヒス)と呼ばれる利用実績の履歴を積み重ねていく必要があります。属性がカード発行基準を満たしていない場合同様に、スコアリング基準の高くない提携カードを1枚作ることから始め、クレヒスを積み重ねて目的のカードの審査の通過率を上げていきます。

クレヒスを重ねるための最初の1枚のカード新規発行申請の際に、キャッシング利用枠の欄を0円や低めの金額で申請すると通過率が上がるというテクニックもあります。

借入やローン残高の額が多い

この場合はクレジットカードの新規発行申請までに、少しでも他社のカードでの利用額を減らす努力が必要です。既に紹介したスコアリング基準の高くない提携カードでキャッシング利用枠の利用上限を低めの金額で申請すれば審査通過率の向上が期待できます。

クレジットカード審査の通過率を上げるポイントは

カード新規発行の審査通過率を上げるポイントをまとめてみます。

  • スコアリング基準が高くない提携カードを選んで新規発行申請をする
  • キャッシング利用枠を低めに設定して申請する
  • 無闇に多くのカード会社に新規発行申請を行わない(1ヶ月3社以内)
  • カード新規発行申請フォームは全ての欄を埋めるようにして空欄を作らない

クレジットカードの審査と解決法まとめ

クレジットカードは非常に便利なものですが、全ての人に発行されるものではありません。かといって、いつまでもカードの発行を受けない状態であれば、自分の信用に繋がるクレヒスを積み上げることもできません。過去にクレジットカード現金化をしてカード会社にばれたりすると審査は通りません。

大型量販店や消費者金融などのスコアリング基準の高くないカード会社で、手堅く最初の1枚を発行してもらいクレヒスを積み上げることが重要です。たとえ審査を通過しなかった経験を持っていても、今回紹介した方法やポイントを参考に、現代生活のマストアイテム「クレジットカード」をぜひ手に入れてください。