カードが利用停止になる可能性
今月は冠婚葬祭続きで生活費が足りない
ボーナス前だけれども、旅行代金を支払わなければならない
支払い期限がせまっている借入れがある

そんなときに、審査の必要もなく、また店舗に行く必要もなく、インターネット上の簡単な手続きだけで即日お金が工面できるクレジットカード現金化

でも、カード会社に現金化目的でショッピング枠を利用していることが知られてしまうと、クレジットカードが利用停止になる可能性があることをご存じですか。

今回が、現金化によってなぜ利用停止になってしまうのか、また、そういったリスクを避けるための方法について解説していきたいと思います。

家に居ながら安心安全に現金化!

▶▶あんしんクレジット
業界換金率98.8%安心の実績!利用者№1

公式URL:https://www.anshincredit.com/

クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に反する

クレジットカード現金化は違法ではありません。

現金化の方法を悪用した業者が、出資法違反などで逮捕されたケースはありますが、利用者が逮捕された例は、今まで1度もありません。
クレジットカードの違法性について詳しく知りたい方はコチラからどうぞ『クレジットカード現金化は違法なの?逮捕される心配は?

ただ、違法ではないものの、クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、カード会社の「利用規約違反」になります。…というのも、どのカード会社でも、

ショッピング枠を商品やサービスの購入ではなく、換金目的で利用してはいけない

という決まりがあるからです。

そして、もしもそのような目的で使用した場合は、会員資格を失う、つまり強制解約になると明記されています。

クレジットカードが利用停止になりやすい使い方

もちろん、ショッピング枠を換金目的で利用したとしても、クレジットカード会社に知られなければ、解約になることはありません。では、どのような使い方をすると利用停止になりやすいのでしょうか。

金券の購入

現金化業者での換金率が95%前後と非常に高いため、数年前まではかなり利用されていた百貨店商品券や旅行券などの金券類。

ただ、換金性の高さから現金化に利用する人が頻出したため、最近ではほとんどの金券は、クレジットカードでの購入ができなくなっています。

しかし、クレジットカード会社が発行しているギフト券や、新幹線の回数券などはクレジットカードでの購入が可能なため、現在でも現金化に利用されています。ただ、換金性が高いということで、カード会社から最も目をつけられている商品でもあります。

例えば、ギフト券を頻繁に購入したり、自分の居住地と全く関係のないエリアの新幹線チケットを買ったり…という行為は明らかに不自然に見えるため、すぐに現金化を疑われてしまいます。

高級ブランド品・家電・ゲーム機の購入

高級ブランドの時計や財布・バック、人気のゲーム機なども換金が疑われやすい商品です。

ブランド品は、自分用にもプレゼント用にも購入することがありますし、ブランド好きな方のなかには、時計などをコレクションとして集めている方もいるでしょう。

しかし、一度に大量に購入したり、同じ商品をいくつも買ったりする行為は、カード会社の監視対象になってしまいます。

また、1家に1台あればよい家電やゲーム機を複数購入したり、定期的に購入したりする行為も、カード会社に転売や換金が目的と疑われてしまうでしょう。

クレジットカードが利用停止になるまでの流れ

カード停止の流れ
換金性の高い商品は、現金化を疑われやすいですが、だからといって購入後すぐにカードが利用停止になるわけではありません。

では、どのような手順を踏んで強制解約となってしまうのか、その流れを見ていきましょう。

①利用停止前にクレジットカード会社から確認の電話がくる

商品券や換金性の高い商品の大量購入、同一の高額商品を複数回購入するなど、疑わしいショッピング枠の利用があった場合、クレジットカード会社から電話連絡がきます。

そして、商品の購入は自分自身で行ったのか、購入した商品の使用目的は何かなどを質問されます

これは、現金化が目的で購入したのかを確認する意味合いもありますが、カード情報の盗難などにより、本人の知らない間に第三者に不正利用されるなどのトラブルや被害に巻き込まれていないかをチェックするためでもあります。

②クレジットカード会社に不正使用でないことを説明できれば、利用停止解除ができる

換金目的での利用の疑いがある場合、カード会社の自動検知機能によってクレジットカードの使用が停止され、その後カード会社から連絡がくるケースもあります。

ただ、この場合のカードの停止は、基本的に利用者への注意喚起を目的として行う一時的なものです。ですから、不正使用でないことをカード会社にきちんと説明できれば、停止はすぐに解除されます。そのためにも、例えば新幹線チケットなら、

  • 自宅や勤務先からの利用として不自然でないエリアのものを購入する
  • 出張や親の介護のために、たびたび新幹線を利用しているといった理由を考えておく

…のような対策をしておくと良いでしょう。また、ギフト券であれば、結婚式の二次会やイベントの景品として購入したなどの理由なら、大量購入の理由としても不自然ではありません。

③クレジットカードが利用停止になったら、一括で支払いする必要がある

残念ながら、ショッピング枠の利用が換金目的であることが明らかになった場合や、利用内容が高額だったり悪質だったりした場合は、クレジットカードの利用が停止になるというペナルティが課されてしまいます。

その場合、単にカードを強制退会させられるだけではなく、現在利用している分を一括請求される恐れもあります。たとえ、利用時に分割払いやリボ払い設定をしていても関係ありません。

数万円程度であれば何とかなるかもしれませんが、数十万円の利用があれば返済は非常に困難になるでしょう。

こういった事態を避けるためにも、カード会社から目をつけられるような使い方は避けるのが得策です。

こんな人は注意して!!カードの利用停止になりやすいタイプ

停止になりやすいタイプ
購入商品の内容や、購入方法のほかにも、カード停止になりやすいタイプの人というのがいます。それは以下のような人です。

  • ショッピング枠の支払いの延滞をすることが多い
  • クレジットカードのキャッシング枠を常にめいっぱい使っている

うっかりカードの引き落とし日までに、口座にお金を入れておくのを忘れてしまった、というのはよくある話ですが、度々支払いの延滞をしている人は、資金繰りに困っているのではないか、他に借金があるのではないかと疑われてしまいます。

そのうえ、常にキャッシング枠を満額まで利用している、毎月数万~数十万円単位でキャッシングを利用しているとなれば、クレジットカード会社からは高い確率でマークされています。

そのため、少しでもおかしな使い方をするとすぐに怪しまれ、カード停止となってしまう可能性が高くなります。

まとめ:クレジットカード現金化でカードの利用停止について

事情があって消費者金融やカードローンの利用ができない
審査なしですぐにお金を工面したい

そんな方々にとって、クレジットカード現金化はとても手軽で便利な手段です。

しかし、クレジットカード現金化は、法律違反ではないけれどもカード会社の規約違反であることは、常に頭に入れておく必要があります。

カード会社は購入履歴をチェックしていますので、便利だからといってクレジットカード現金化業者を常用したり、無理な使い方をしたりすればすぐに目をつけられ、最悪の場合カードの使用ができなくなってしまいます。

そうならないためにも、現金化業者は本当にピンチのときにだけ、節度をもって利用することをおすすめします。