電話なし・本人確認なしのクレジットカード現金化業者クレジットカード現金化を海外旅行などでも利用したことがある方は多いでしょう。

ですが、(生活面での)経済的な理由から、よくクレジットカード現金化を行う方も少なくないのですが、その際には、電話などは不要で、しかも、本人確認なしに現金化することができるのか、特に切羽詰まった方は知りたいですよね。クレジットカード現金化は電話なし本人確認不要で利用できるのかご紹介致します。

電話なし・本人確認なしでクレジットカード現金化はできるの?

では、実際に、電話もなしに、そして、本人確認なしにクレジットカード現金化をすることができるのでしょうか、見ていきましょう。

逆に、あまりにも条件なくお金を貸してくれる業者に関しては注意深くならなければいけないといえるでしょう。

なぜなら、それ以上のものを望まれることがあり、社会的補償を失うことにもなる可能性があるからです。

危険なく、そういったものを必要としていない業者もいますし、通常のような必要条件を求める会社もありますので、それぞれどういったものかもご紹介しましょう。

和光クレジットなら電話も本人確認もなし!

和光クレジットならば、電話もされることはありませんし、本人確認の証明書を提示する必要もありません。ですので、すぐにでもお金が必要な方の場合は、この業者にあたれば、よほどの問題がない限り、すぐにお金を借りることができるのです。

もちろん、気になる土日対応もしていますから、休日、金融機関はどこも閉まっていますが、そんな時にでも、お金を貸してくれる場所として、頼りことができるのです。

ただし、100万円以下の貸し入れとなると、高額の利率が発生しますので、出来れば100万円以上から利用することがおすすめですが、すぐに返却できるのであれば、この金額にそんなにこだわることはありません。

もちろん、本人確認が必要なことも!その際に必要なものは?

本人確認が必要なクレジットカード現金化の業者も多いです。ですが、その方が、悪用されないので、安心できるというメリットもあります。では、本人確認の際には何が必要なのかと言うと、こんな書類が必要になります。

あなたの氏名、住所、生年月日、顔写真にクレジットカードに関する情報、そして、銀行口座です。どの情報をとっても、あなたからお金を盗ることが容易にできるような情報となっていますから、不安に思う方も多いでしょう。

しかし、これらの情報を伝えるのが不安業者に対しては、それを伝える前にキャンセル(非常にこの判断は難しいですが、口コミなどをチェックして対処しましょう)する、もしくは、危ない目に遭った場合には、すぐさま警察に通報しましょう。

旦那(配偶者)名義のクレジットカードで現金化

例えば、専業主婦の方であれば、旦那さん、もしくは奥さん(家計を担っている方)の名義でクレジットカードを持っている方もいますよね。

この際には、クレジットカード名義の確認書類全てと配偶者の了承、そして、クレジットカードを持っている方のの身分証明書といったものが揃えば、配偶者名義のクレジットカードであっても、それを持っている人が、クレジットカード現金化をすることも可能です。

ただし、当然、書面にて請求書を申し込んでいる方は、それが旦那さんの目に触れることもありますから、旦那さんに隠れてそれを行う場合(書類自体は持っていればだれでも提出可能なため)、十分に気を付けなければなりません。

クレジットカード現金化サイトにて、もしくは、ATMにてクレジットカード現金化を行うにしても、こういった点には十分に配慮しましょう。

あなたの写真を送る前に注意しよう!

基本的には、クレジットカード現金化を行う際には、必ず本人確認や電話確認はあります。その際に、写真を業者に送ることがあるのですが、番号うんぬんより、あなたの顔が知れ渡っては、問題は大きくなりますし、これから被害に遭う確率も高くなる可能性があります。

そのため、本人確認のために写メなどで写真を送ってほしいと申し出た業者に対しては、注意深くならなければいけません。もちろん、多くの業者からそれを望まれるのですが、切羽詰まっているからといって、個人情報をむやみに与えてはいけないのです。

ですから、信用がおけると思ったクレジットカード現金化ができる会社にのみ、本人確認のための写真を送るようにしてください。

この判断は、冷静を逸脱した時には難しいかもしれませんが、言っていることがおかしいとか、脅すようなことを言ってくれば、それは怪しいともって良いですから、そういったポイントを判断材料にクレジット現金化会社を選ぶことから始めてください。

悪徳クレジットカード現金化業者についてはこちらから『だまされないで!!闇金あがりのクレジットカード現金化業者の特徴とは?悪質被害の手口とは?

なぜ、現金化は電話や本人確認が必要なのか?

なぜ、確認が必要なのか?
では、どうして、クレジットカード現金化をする際には、電話、もしくは本人に確認する必要があるのかということをご紹介しましょう。

そして、法律により、年収の3分の1までしか貸し入れはできないと決まっているので(公的には)、それを証明するためにも、様々な個人情報と照らし合わせる必要があるのです。

不正使用を防ぐため

当然ですが、クレジットカード現金化であっても、クレジットカードをそのまま使うにあたっても、クレジットカード保有者それを使われる店舗側など、不正を防ぎたいものです。

そのため、クレジットカード現金化であっても、改めて、それが、カードホルダーであるかを確認するために電話や本人確認を求めています。

念には念を!

上記の意味を含めて、さらにクレジットカードの不正利用を妨げるために、カードホルダー以外の方がカードを利用しないよう、写真を求めています。
これで本人かどうかを判断し、クレジットカード現金化、もしくは疑わしい際には、直接利用を許可できるようにしています。

カード番号だけでどうにかなる世の中

1番最初の項目と同様ですが、誰かのカードであっても、カード番号さえあれば、暗証番号を打ち込むことなくネットショッピングなどはできることです。ですから、クレジットカード現金化が誰でもできないよう、写真確認して、不正使用を防いでいます

クレジットカード現金化のメリット、デメリット

クレジットカード現金化のメリットデメリットをあげてみましょう。

クレジットカード現金化はいつでも利用できる

消費者金融やカードローン会社とは異なるので、すぐににお金を手に入れられ、即日に現金を手に入れられます。しかも、日本だけでなく、海外でも、持っているクレジットカードが受け付けるATMであれば、いつでもどこでも現地通貨をゲットできるというメリットがあります。

ATMですぐにお金を貸し入れることができます。

通常であれば、貸し入れ時の審査がないので、クレジットカードで問題を越したことがなければ、すぐにお金を借りることができます。

海外旅行の両替所で並ぶのが嫌な方、海外の地方で両替所もなくて困っている時などには、最悪の場合として、あなたが持っているクレジットカードが使えるATMに行って、それを差し込めば、すぐに現金化できます。

この際には、特に、時間や手間(やり取りの時間)を省けます。これは、もちろん、お金やカードで色々な問題を起こしたことがない方に限ります。きちんと支払い日に支払えば、「借金をした」というヒストリーは絶対に残りません

高額の金利がつく

ローンを組んだ時、そして、このようにクレジットカードを現金化した時は、言葉は違えど、「借金」ということになります。通常、ローンを組む際には金利がつくことは皆さんもご存知ですし、家を購入する際には、これがネックになる方が多いですよね。

クレジットカードを現金化する際にももちろん、ローンを組むことと同じ扱いになるので、金利がつくのです。ただたんに、クレジットカードを利用してローンを組むのであればまだしも、現金化すると、その際の手数料がかかるので、金利がかかります。

その金利はクレジットカード会社によりますが、16~20%となっています。ですので、高利貸しよりは安くつくかもしれませんし、ある程度返却猶予があるかもしれませんが、無駄な出費を省きたいのであれば、この金利にはかなり注意しなければいけません。

クレジットカードを現金化することも色々あり

クレジットカード現金化をするというのは、高利貸しから借金するよりも取り立てが怖くないからよいかと思うかもしれません。

しかし、それなりに金利はかかりますし、お金を借りる際にも本人確認の個人情報があり、危険なこともありますので、こちらを読んで、色々把握した上での利用にしましょう。