メルカリで現金化ができる
スマホで簡単に商品の売買ができるフリマアプリの「メルカリ」。

ヤフーオークションなどと違い、出品者が販売価格を決めることができ、出品から購入までの流れがとてもシンプル、そしてあらゆるジャンルの商品が扱われているため、若い世代を中心に大変人気があります。

ところが最近、このメルカリに現金が出品され、額面以上の価格で取り引きされるという事態が起き、話題になりました。

そこで今回は、メルカリを利用した現金化のメリット・デメリット、また問題点について解説していきたいと思います。

家に居ながら安心安全に現金化!▶▶あんしんクレジット
業界換金率98.8%あんしんの実績!利用者№1
公式URL:https://www.anshincredit.com/

現金を売る!?5万円の現金を5万9千円で買うってどういうこと?

現在発行されていない旧紙幣や硬貨、また、ゾロ目番号など、希少価値の高いお金がコレクターによって高額で取引きされることは、昔からよくありました。

しかし、最近問題となっているのは、現在流通している紙幣、例えば1万円札×5枚が5万9千円といった値段で出品され、購入されているという現象です。

普通に考えて、5万円を5万9千円で買うことには、何のメリットがあるのか不思議に思ってしまいますよね。

いったい誰が何の目的で購入するのでしょうか。

現金販売&購入のからくり

メルカリは、購入した商品の代金をクレジットカードで支払うことができます。実は、一見不可解に思えるこの買い物は、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化をしているのです。

上記の例で言うと、5万円の現金を手に入れるために、クレジットカードで5万9千円の決済をするということになります。購入者にとっては、9千円の損になってしまうわけですが、

借金の支払い期限が迫っていて、どうしてもすぐに現金がほしい
お金が必要だけれども、カードのキャッシング枠は使い切ってしまった

…など、差し迫った事情のある方であれば、多少余分にお金を払ったとしても、なんとかして現金を手に入れたいと思うでしょう。

こういったニーズがあるため、現金の売買が成立しているのです。

多様化する現金販売の方法

このような現金の販売は、ネットのニュースサイトなどで大きく取り上げられたため、メルカリは“現在流通している現金の売買は禁止”としました。

すると今度は、紙幣を魚などの形に折り、「魚型フィギュア」「折り紙」「福沢諭吉の肖像画」などとして販売する人が出てきました。


その後、Suicananaco楽天EdyWAONなど現金をチャージしたプリペイドカード、iTuneカードやAmazonギフトカードなどのオンラインギフトカード、また旅行券などの商品券の販売も増え、後にこれらもメルカリは売買を禁止しています。
アマゾンギフト券買取専門サイトを知りたい方はコチラから『優良amazonギフト券買取業者比較ランキング!気になる評判や口コミは?

また、現金ではなく、本来価値のない商品、例えば石をパワーストーンといった名目で15,000円で販売し、10,000円をキャッシュバックするといった方法をとっているケースもあります。

このように、メルカリでのクレジットカードを利用した現金化は、新しい手法が出ては規制をされ、また他の方法が出てくるといったいたちごっこ状態になっているのです。

メルカリで現金化するメリット

メルカリのメリット
フリマサイトアプリを利用した現金化は、購入する側にとってはとても気軽で手軽な方法です。

もともとメルカリを利用している方であれば、現金化業者のように改めて登録や契約をする必要もなく、ヤフオクのように振込先や配送先を教え合ったりするやりとりの必要もありません。

あなたがすることは、ただ購入ボタンを押すだけ。

たったそれだけで、あとはあらかじめ登録してあるクレジットカードで決済がされ、商品の送付先もメルカリを通して自動的に相手に通知されます。

メルカリ便」というサービスを利用すれば、匿名配送システムがあるので、住所や氏名を教え合わずに取引を完了することも可能です。

メルカリでの現金化の問題点

さまざまな煩わしい手続きもなく、簡単に現金を手に入れることができるメルカリですが、問題点は山積みです。

手数料分が上乗せされているため高い

メルカリは商品が売れた際に、出品者はメルカリに対して10%の手数料を支払わなければなりません。また、基本的に商品の送料は出品者もちになります。

そのため、出品者は代金の10%+送料を差し引いてもなお、利益が出るような料金設定にしています。

現金化業者を利用するのは恐いから、現金化業者は還元率が悪そうだから…などといった理由で、気軽に利用できるメルカリでの現金化を行っていると、金利換算してみたらものすごく高かった、ということにもなりかねません。

クレジットカード現金化の換金率についてはコチラから『クレジットカードを現金化するなら知っておきたい換金率のこと

マネーロンダリングの温床になる可能性がある

マネーロンダリングとは、犯罪行為などによって得たお金の出所が分からなくなるようにする行為、いわゆる「資金洗浄」のことを言います。

極端な例をあげると、銀行強盗をして手に入れたお金にはナンバリングがされているため、そのまま使えばバレてしまいます。

そのため、メルカリに出品して一旦ナンバリングされたお金は手放し、クレジットカード払いによってキレイなお金を受け取るといった仕組みです。

メルカリでの現金の売買は、このようなマネーロンダリングに利用されることがあり、知らず知らずのうちに犯罪の片棒を担いでいる可能性があるのです。

カード会社から強制解約される可能性がある

クレジットカードの現金化は、法律的にはグレーゾーンであるものの、利用したからといって、利用者が逮捕される心配は現在のところありません
詳しくはコチラ『クレジットカード現金化は違法なの?逮捕される心配は?
しかし、クレジットカード会社の利用規約には、「現金化を目的とした使用を禁止する」と定められているため、規約違反になることは確かです。

そのため、メルカリで現金を購入したことが、万が一カード会社に知られてしまうと強制解約になり、今後カードが使えなくなったり、使用した分を一括返済しなければならなくなったりする可能性が出てくるのです。

安全に現金化するには現金化業者を利用するのがオススメ

現金化業者を利用する
メルカリは現金を手にするための気軽で簡単な方法ではありますが、その分デメリットやリスクも大きいと言えます。

ですから、安全な方法でクレジットカードのショッピング枠を現金化に利用したいのであれば、やはりクレジットカード現金化業者を利用するのが賢い選択かもしれません。

ひと昔前までは、実際に店舗に行かなければ利用できなかった現金化業者ですが、現在はスマホやパソコンなどのインターネット環境があれば、いつでも利用できます。業者と対面しなくても良いというのは、それだけでも随分気が楽なのではないでしょうか。

また、手続きも住所・氏名・電話番号などの必要事項の入力と、身分証明書の提出(写メやFAX)のみなので、申し込みから口座入金まで10分もかからないという業者も多くあります。

さらに、優良な現金化業者であれば、決済代行業者を通したカード決済をしたり、商品購入のためのネットショップを同時に経営したりしているため、メルカリを利用するのと違い、カード会社に現金化が目的の利用であることが知られてしまうリスクが非常に低いのです。

メルカリで現金化のまとめ

今月のショッピング枠は使い切ってしまった、早急にお金が必要だけれども家族や友人には借りられない…そんなときに、手軽な資金調達方法として使えるメルカリでの現金化

しかし、現在は取り締まりが厳しくなり、メルカリでは24時間体制で監視ツールや目視での禁止出品物の監視をしているため、販売することも購入することも非常に難しくなりました。

また、それ以前に、メルカリを利用した現金化はリスクやデメリットが大きいため、資金調達方法として安易に利用することはオススメできません。

どうしてもというときには、やはり信頼できる優良現金業者を利用した方が、安心です。