学生でもクレジットカードが作れる
学生生活の始まりと共に地元を離れ、1人暮らしをスタートさせる方は少なくないでしょう。また実家から通学する場合でも、アルバイトやサークル活動など学業以外の予定が忙しくなり、社会人予備軍としての暮らしが始まります。

社会人の準備期間として標準4年間の学生生活を送る訳ですが、この学生生活の中で身に付けておくべきスキルの中に「金銭管理」があります。一人暮らしを始めれば家賃や光熱費を始めとする生活費を自分で管理する必要がありますね。

実は、クレジットカードを利用してお金の管理をすると、簡単でお得に金銭管理が行えます。学生がクレジットカードを作るためのポイントを紹介します。

クレジットカードとは?就職前の学生でもカードを作れるの?

オンラインショップが浸透した現在、商品購入代金の支払いにクレジットカードが使用されることが多くなりました。また、カードでの支払いならポイント還元を受けられ、お得に買い物ができることからコンビニでの買い物にも、支払いにカードを使用する人が増えています。

一般的なクレジットカードは「高校生を除く18歳以上」に対して本人名義のカード発行を行います。18歳以下や18歳以上でも高校生では金融的な信用に問題があるためにこの既定が存在します。学生になればカード会社の年齢制限はクリアできますが、未成年のカード発行申込みには親権者の同意が必要となります。

親権者の同意がありカード会社の審査を通過すれば、就職前の学生でも本人名義のクレジットカードを発行することができるということです。

学生生活にも欠かせない!クレジットカードの特徴

18歳未満でも作れるカードにデビットカードがあります。デビットカードにはカードブランドであるVISAJCBなどのマークがついている上に、カード機能もクレジットカードと非常に似ています。しかしクレジット機能が実装されていないので、口座残高とリンクしているレジやネットでの支払いに使えるキャッシュカードだと考えてください。

クレジット機能はネットショップや実際の店舗の支払いで使用するショッピング枠と、ATMで現金を引き出すことができるキャッシング枠を併せ持つ機能のことです。ショッピング枠ではカード会社が約1ヶ月間支払いを立て替えてくれ、キャッシング枠ではお金を貸してくれます。

クレジットカードには様々な付帯サービスがついているのも大きな魅力だといえます。学生生活中に楽しんでおきたい海外旅行時の旅行保険や、カード利用時ポイントが発生し貯まったポイントを電子マネーや各種ギフト券、マイレージや様々な商品と交換できるポイント還元なども節約に繋がる付帯サービスです。

自分名義のクレジットカードを持つことは、学生といえども支払い責任を負うことですから、否が応でも金銭管理が身に付きます。学生生活をスタートさせるタイミングで自分名義のクレジットカードを持つことは、社会人への階段を一歩昇ることだとも言えますね。

学生生活にクレジットカードを取り入れるメリットとデメリットは?

昔ながらの方法で、手持ちの現金をやり繰りして金銭管理を身に付けるのも悪くはないのですが、クレジットカードは使用することで多くのメリットが発生するのが魅力ではないでしょうか?

例えば現金決済の場合は支払いが完了した時点で手元には購入した商品とレシートしか残りません。クレジットカードを利用すれば、購入した商品とレシート、そしてポイントが手元に残ります。

ネットショップを利用した場合でも現金決済の場合、指定口座への振込が必要となります。場合によっては振り込み手数料が発生して、せっかくネットショップでお得に買い物をしたのが台無しになることもあるでしょう。利用手数料が発生しないクレジットカードのショッピング枠なら、よりスマートにスピーディーにそしてお得に商品購入が行えます。

当然クレジットカードを学生生活に取り入れることで発生する、デメリットもありますので次に学生生活にクレジットカードを取り入れ発生するメリットとデメリットについて紹介します。

学生生活にクレジットカードを取り入れ発生するメリット

既に紹介したとおりクレジットカードを利用して支払いを行うと、ポイントが還元されます。学生生活を送る上で発生する支払いで、カードでの支払いがポイントに繋がるものは次のとおりです。

クレジットカードのメリット

  • Amazonなどのネットショッピングの支払い
  • 食料品や日用品、消耗品などの購入代金の支払い
  • 外食時の支払い
  • 光熱費や携帯電話の支払い
  • 航空券、新幹線、高速バス、Suicaなどの交通費の支払い

生活を送る上で発生する大部分の支払いがポイント還元対象に見えてきますね。ポイント還元以外のメリットは、自動付帯や条件付付帯などカードにもよりますが、自分で掛けなくても利用できる海外旅行保険や、購入したものが購入後すぐに壊れてしまった時に補償されるショッピング保険などの付帯サービスを利用できる魅力があります。

学生生活にクレジットカードを取り入れ発生するデメリット

クレジットカードと聞くと「知らない内に使いすぎる」と不信感を持っている人もいるでしょう。確かに現金のやり取りが発生しないカード支払いでは、「使った感」が希薄になる場合があるので、これはデメリットかもしれません。

しかしクレジットカードには利用限度額というものが設定されるので、無制限に利用できるものではありません。使用するたびに発行される利用明細や、カード会社の公式サイトにアカウントを作れば、自分名義のカードの使用状況を確認することができるので、これを家計簿変わりに利用すれば使いすぎを防止することができます。

また紛失盗難スキミング被害にあった時などの不正使用が心配な人は、これらがクレジットカードのデメリットと感じてしまうでしょう。

クレジットカードにはカード保険という制度があるので、紛失時や不正使用を確認した場合は直ちにカード会社へ連絡をしてください。カードの使用停止措置が取られ新しいカードが発行されます。カード会社の調査後、カードの使用方法に問題がなかったことが確認された場合は不正使用された分は負担する必要がなくなります。

現金の場合、紛失すると戻ってくることはまずないと考えられますが、逆にクレジットカードなら被害を最小限に抑えることができると言えるでしょう。

クレジットカードの最大のデメリットは、信用調査機関の金融事故リストに乗ってしまう可能性が発生するということです。カードの支払いが滞ったり、支払いを行わなかった場合にリストに掲載され、金融機関のネットワーク内で公開されます。

一般的にブラックリストと呼ばれるこのリストに掲載されると、問題となった支払いを完了してから5年間抹消されることがないので、金融機関の利用が難しくなります。さらにブラックリストに掲載されていると、金融機関の就職試験で採用されないという話もありますので、金融機関への就職を考えている場合は特に気を付けて下さい。

支払いを遅延なく滞りなく行っていれば問題がないだけではなく、クレジットヒストリーという利用履歴が積み重ねられ、金融機関に対する信用が高まりますので、臆することなく上手に使うことが重要です。

就職前の学生でも作れるクレジットカードを紹介します

クレジットカード新規発行時の審査では、カードの名義人の支払い能力が審査されます。一般的に就職前の学生には定期収入が見込めないために、支払い能力が低いと判断されますが、学生向けに利用限度額を低めに設定したクレジットカードを発行するカード会社も存在します。

クレジットカードげの審査についてはこちらから
→『クレジットカードの審査に落ちる理由と解決策

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAカード
三井住友VISAカードが発行する18歳~25歳向けのカードです。学生専用カードではありませんが、学生世代をターゲットに絞ったカードだと言えます。通常の三井住友VISAカードよりもポイント還元率高く設定されていて、ポイント獲得が2倍になるが特徴です。
節約を迫られる学生生活には嬉しいメリットですね。

年に1度利用すれば年会費無料で25歳まで使えるのも魅力です。年会費負担は意外と馬鹿にならないので、こちらも助かりますね。

楽天カード

楽天カード
使用範囲の広い楽天ポイントがガッツリ貯まり、顧客満足度が高いことで知られる楽天カードは学生でも作れます。ネットショッピングのヘビーユーザーにはマストアイテムと言えるカードでしょう。楽天で発行される楽天カードにはVISA、JCB、mastercardのカードブランドが存在しますが、全て年会費無料で利用することができます。

上記の2つのクレジットカードは、海外旅行保険も付帯しポイント還元率も高いカードだと言えます。クレジットヒストリーを着実に積み重ねながら、ポイントを稼げる1枚目のクレジットカードとしておすすめできるカードです。

学生とクレジットカードのまとめ

学生といえどもクレジットカードは生活必需品の1つだと言えます。上手に利用すれば非常に便利なクレジットカードですが、使い方を間違えるとあっという間に多重債務者になってしまう危険性も伴います。

特にキャッシングとリボ払いと呼ばれるリボルビング方式の支払いは危険です。キャッシングはカード会社に対する借金ですから、返済までに馬鹿にならない金利手数料が発生します。キャッシング枠は0円または3万円程度の利用限度額を設定することをおすすめします。

また一見便利に見えるリボ払いは、支払期限を先延ばしにするだけの支払い方式です。カード会社は未払いの利用額(カード会社に対する借金)に金利を乗せて請求しますので、うっかりリボ払いを使用する癖を付けると、使う度に利用額の元本が大きくなり雪だるま式に借金が増え返済不能に陥ります。

就業前の学生時代に借金に苦しむと、せっかくの学生生活が全く楽しめなくなりますから、キャッシングとリボ払いには手を出さないように、上手にやり繰りをして金銭管理を身に付けていきましょう。クレジットカード現金化を使ってお金を借りることもできます。