クレジットカードさえ手元にあれば誰でも利用可能なのがクレジットカード現金化。
しかしやはり利用したことの無い人からはどうも抵抗がある。という方にわからないことや疑問などのよくある質問をクレジットカード現金化Q&Aとしてまとめました。

Q:クレジットカードの現金化とはいったい何なのでしょうか。
A:はい。ではクレジットカード現金化について説明します。

クレジットカードを利用した現金化には2つのパターンが存在します。
一つ目はクレジットカードに備わっているキャッシング枠を利用した方法です。
こちらはカードローンという方法です。しかし、クレジットカードはもともとショッピングを目的としたカードですのでこちらの機能が備わっていても金利についてはとても安いものとはできずお勧めしません。

もう一つの利用法を紹介します。こちらがショッピング枠を使った現金化です。
ショッピング枠なので店頭で商品を購入使い方しかできないのでは?と疑問に思うかもしれません。ですがこの方法で現金が入手できるのです。まず、現金化をしてくれる業者に申し込みをします。そしてその会社が指定する商品を購入します。すると後日指定した口座にお金が振り込まれます。
詳しく説明すると、

  1. 現金化会社に申し込むと会社側が購入する商品を指定してくるのでその商品をカードで支払いをする。
  2. カード会社から現金化会社に連絡がいき確認が取れたら現金化会社が利用者の指定した口座に決められた金額を入金する。
  3. 口座に現金が振り込まれ、商品も利用者の下に届くこととなる。

といった内容となります。なので現金化会社に求められるのは換金率と手続きの早さです。こちらが重視されます。
換金率についてはこちらで詳しく説明しています。『クレジットカードを現金化するなら知っておきたい換金率(還元率)のこと

なぜわざわざショッピング枠を利用するのか、その理由としては金利の額の違いです。カードローンの年利は18パーセントが平均だとするとショッピング枠の年利は7~13パーセントなのです。そうなると断然ショッピング枠を利用したほうがお得なのです。

また、もともと手元にあるクレジットカードを利用するので新しく審査がいらないという点も魅力の一つです。通常のカード利用法と変わりませんから支払いも2ヶ月後となるので支払計画も立て安いといえます。

Q:クレジットカード現金化の会社と消費者金融の会社は違うのか?。
A:お金を貸してくれる会社としてはどちらも同じような感じに思うかもしれませんがぜんぜん違った会社となります。

クレジットカード現金化の会社はお金を貸してくれるというよりもキャッシュバック付きの商品を販売している会社で、金融会社はお金を貸してくれる会社なのです。

一般の金融業は銀行や消費者金融のことをいい、その中にクレジットカード現金化会社は含まれていません。

金融業は日本銀行、通常銀行、消費者金融、個人取引があります。これらの業者の元締めが日本銀行となっていてそこからお金が出入りしています。以上に並べた順番でお金の流れが存在し、そうなるとその順番でお金が動いているため金利が上げっていくのはいうまでもありません。

クレジットカード会社はこの並びに並ばず、通信販売会社に分類されます。
通信販売会社に分類されるわけですから直接お金を取り扱っているのではなく商品を取引していることになります。商品の取引におまけ的な感じで現金もついてくるといった取引業者となりますので消費者金融会社とはシステムがまったく異なった会社といえるのです。

わかりにくい人がいるかもしれませんが、クレジットカード現金化会社はお金の貸し借りの会社ではなく実際お金が動いているのはクレジットカードの会社で、現金化会社は現金つきの商品を販売してクレジットカード会社から商品を売った分の金額を支払ってもらうといったシステムなのです。

クレジットカードを使って商品を購入するわけですからお金の流れとしてはクレジットカード会社から現金化会社、現金化会社から利用者、利用者からクレジットカード会社といった流れとなります。

Q:申し込みは誰でもできるのでしょうか。
A:はい、可能です。

クレジットカードをお持ちの方でしたら誰でも申し込みできます。ただ、自分のクレジットカード限定となります。

なので、色んな金融業者からすでに借り入れをしていて審査が通らないのでは?と不安な方でもクレジットカード自体が手元にあれば利用することができるのです。とはいってもクレジットカードの利用できる限度額に余裕がある方限定となっているのでそこさえクリアしていれば問題ありません。

クレジットカード現金化とは消費者金融からお金を借り入れる方法とはまったく違った取引となります。なので借り入れをするという取引ではなく、ショッピングをするという取引内容になるのです。→消費者金融とクレジットカード現金化の違いについて

そのため借金だらけのひとでもクレジットカードさえ存在すればショッピングできるという仕組みになっています。しかし、実際の支払い(返済)はクレジットカード会社に支払うわけですからクレジットカード会社に滞納している方もこちらの利用は不可能になります。

誰でも申し込み可能とお答えしましたが以上のように問題がある方は利用することができません。なのでクレジットカードを使用できる状態でお持ちの方は誰でも申し込みできます。と書いたほうが正かもしれません。

お金をショッピングしてもカードカード会社に返済しないといけないので支払い能力として自分の判断が必要となります。

クレジットカードの決済日は1,2ヶ月後にきますのでそれまでに返済のお金を準備しておかなければならないのです。

とはいっても本来のクレジットカード利用方法と同じ支払方法が選べますので分割払いにすることで返済の計画が立てやすくなるのでこちらを利用してください。キャッシング枠を利用するよりはこちらの法が金利も安くなりますのでその点もお得となります。

Q:こんなに手軽にお金のやり取りができるけど違法ではないの?
A:違法ではありません。

うまい話だとなんだが悪いことをしているようなきになります。なので違法なのでは?と心配する人も多いようです。

簡単にお金が借りられるのだからなんだが怪しい感じはしますね。後から高額な請求が来たり、脅迫的な文面の案内書がきてしまうのでは?と不安になるかと思いますがこの取引は違法ではないのでそういった事はありません。

クレジットカードのショッピング枠現金化というのはクレジットカードを有効に使用する方法で、普通のショッピングと同じ取引といえるのです。ショッピングするためにクレジットカードを利用しているわけですから違法となるこはないのです。

普通のショッピングにキャッシュバックサービスとして現金が付いてくるといった取りひいき内容で大手家電用品でよくみられるエコポイント的なサービスなのです。

エコポイントは違法ではないですよね?なのでクレジットカード現金かも違法な取引とならないのです。

最近から出回っているような感じがするクレジットカード現金化ですが、結構前から存在します。この取引をして10年以上になると看板を掲げている会社も存在するわけですから違法だった場合、そんなに長く経営できるわけがありません。

しかし、そんな中にも悪徳業者は存在しますので問題ないと安心して何も疑わず取引してしまってもいけません。お金が絡む取引ですから伸張に会社を選んで取引してください。でないと知らない間に違法な取引に足をつっこんでしまっていて気が付いたときには取り返しの付かないことになってしまう恐れもあります。
こちらの記事では『クレジットカード現金化は違法なの?逮捕される心配は?』クレジットカード現金化の違法性について書いています。

Q:クレジットカードの種類は決まっているんですか?複数のカード利用は可能ですか?
A:クレジットカードの種類は決まっていません。何社も利用可能です。

クレジットカードならどのカードも利用可能なのかということですがこちらは基本、利用可能です。

ただ、現金化会社と取引するにあたって現金化会社がクレジットカード会社を指定してきた場合していされたブランドしか利用できない場合があります。ですので利用する前に現金化会社に確認して自分の持っているブランドが使用可能か調べる必要があります。

複数のカード利用は可能ですか?といった質問も基本的には利用可能です。こちらについても詳しくはクレジットカード現金化会社に問い合わせて見ないと実際利用可能かどうかが判断できません。ただ、この理由で断られたという情報がないので利用することはできる確立は高いといえます。

ただ、クレジットカードのショッピング枠現金化という方法では基本、1枚のカードで一つの取引となります。ですので2枚のカードを同時に取引したとしてもその利用した額に一枚一枚金利が発生します。

60万円お金を準備したいので限度額20万円のカードを3枚用意したといっても20万円の取引を3つに分けてやることになります。なので20万円から金利を差し引いた18万円かける3となるわけです。

面倒に思うかもしれませんがクレジットカードを3枚利用するわけですから3つのクレジットカード会社からショッピングしたことになり、支払いも3つに分けて行うのです。なので限度額についても把握しておいたほうがいいかもしれません。別のショッピングでカードを利用していたかどうかについても確認しておくといいですね。

また、クレジットカードの名義についてですが、こちらは個人でも法人でも利用することができます。

Q:返済方法について教えてください。
A:返済方法ですがこちらはシンプルにお考えください。

お金を返済する相手は現金化会社ではなくクレジットカード会社になります。通常のクレジット払いの方法と同じですので一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いなど自分にあった返済方法をお選びで来ます。

クレジットカード払いを利用したことのない方にはわかりにくいと思いますので簡単に説明します。

月初に現金化の取引をしたとします。
そのとき利用したクレジットカードの締めが10日、引き落としが20日として他の取引をしなかったとしましょう。支払い開始は2ヶ月後とするとその間に決まった収入が1回または2回あるとしたら一回で支払うには余裕があります。なので分割またはリボ払いにして生活費は残しておくという方法もとれます。

クレジットカード現金化をしたからといっても収入のすべてを支払いに回せる人も少ないと思いますので最低限の生活費は残す形で返済計画を立てることができるので消費者金融からの借り入れ方法と似ています。クレジットカード現金化は裏技的な借金方法といえるでしょう。

クレジットカード現金化会社はカードを有効利用することのできる会社なのです。そしてクレジットカード現金化会社との取引は返済までの取引ではなく、現金が利用者の手元に届いた時点までの取引です。支払いはクレジットカード会社に実施するわけですから後から高額に請求されることもなく安心して取引することができるのです。

ただ、注意するところはオンラインでの取引が主なので口座に振り込まれる予定の金額がきちっと振り込まれていたか確認する必要があります。

Q:利用する際、住んでいる場所も影響してしまうのでしょうか。利用したい業者をみつけてもそこまで行かなくちゃいけないのでしょうか。また、コンビニみたいに系列店が各地域に存在するのでしょうか。
A:お住まいは関係ありません。

初めて利用する方にはこういった疑問も多いかもしれません。クレジットカード現金化の会社の所在地は重要ではありません。どこに住んでいても自分の取引したい会社を指定できます。クレジットカード会社はホームページを作っているのでネットさえつながれば問題ないのです。携帯などでもネットが使えますので気軽に利用することができます。

また、時間帯も気にする必要はありません。24時間対応となっているのでお金が必要となったらすぐに申し込みができるのです。

どこに住んでいてもどんな時間でもクレジットカードのショッピング枠限度額が残っていれば誰でも利用することができる画期的なシステムとなっています。

すでにお持ちのものだけでただ申し込みをするだけでお金が工面できるのです。なので新たにカードを作る手間も会社まで行く時間もかからないのです。そうすることで妥協することなくじっくり取引したい会社を選べますね。

取引の中に指定口座の番号や連絡先が必要になることはあるのですがこちらも既に持っているものですので新たな準備は必要ないといえます。持ち歩くのが嫌な方は携帯などにメモっておけばいいだけの話です。

なので全国どこにいてもどんな時間でもいいわけです。ただ、ネット上での取引となりますのでセキュリティー面については注意してください。利用する場所によっては誰かに見られてしまったりして口座番号やクレジット番号が流出してしまっては大変です。
家でも現金化できるおすすめのクレジットカード現金化業者はこちらから

Q:利息について教えてください。
A:利息についてですがこちらはさまざまです。

現金を受け取るわけですからただで貸してくれるわけではありません。ここでは手数料というものが発生します。現金化会社からは手数料的が引かれた額が利用者の口座に振り込まれます。

なので現金化会社から後日利息を請求されることはありません。もしあるとしたらその会社は悪徳業者といっていいでしょう。

ではその年利は何パーセントなのでしょうか。こちらは一律ではありませんが高くても13パーセントと言われています。

消費者金融の年利が基本18パーセントほどです。クレジットカードに存在するキャッシング枠の年利も12パーセントや13パーセントとされています。比べてみるとショッピング枠の年利のほうがとても安くつくのです。

このことから、今利用している借り入れをショッピング枠での借り入れに変えただけで支払いの金額を見直すこともでいるのです。

しかし、金利が安いからといって沢山借りてしまえばもちろん支払う額も比例して高額になっていきます。

ショッピング枠現金化には一つの取引で低額の借り入れしかできないためきちっと把握していないと総額でいくら借りているのかいくらの支払いとなっているのかわからなくなり、支払うときに高額で払えなくなってしまうので要注意です。

財布にクレジットカードが複数枚も入っている方はそのカードの限度額、枚数についてきちっと把握しておいて利用するカードの枚数を決めておくという手もあります。また、自分の収入に対しての支出も計算しておく必要もあります。

いくらクレジットカードがあればお金が借りれるとしてもカード自体がお金になるわけではなく、お金の工面手段として利用できるだけなので返せる額の借り入れとして利用してください。

Q:借り入れできる額は設定できるのでしょうか?あまり高額の利用をしてしまうと怖いので低めに設定しておきたいのですが。
A:限度額を設定できます。

クレジットカードショッピング枠の現金化はクレジットカード自体に限度額が設定されているのでその額内での利用となります。

なのでカードを発行する際に限度額を低くしておけばいいのです。今お持ちのカードの限度額がわからないかたでもカード会社に問い合わせてみて高額になっていればプラン変更をお勧めします。限度額を低く設定しておけば限度額を超えてしまえば使用できなくなるわけですから安心です。

また、限度額があったとしてもクレジットカードで別のショッピングをしていればその額分は差し引かれます。限度額は支払日にきちっと支払うことでリセットされます。

分割払いにした場合その支払いが終わるまで限度額に残ります。なので限度額を設定することで気づかないうちに支払いが高額となってしまう心配もありません。

さまざまなカードの利用方法はありますが、収入自体は変わらないのでカードを利用した額がショッピングであっても現金化であってもトータルして考えたほうがいいでしょう。

複数のカードをもっている方は利用内容を分けて使用する方法もあります。(1枚は現金化用1枚はショッピング用等)そうすることで利用額の把握をすることができます。

どのような使用方法としても限度額を設定するのであれば保持しているカードの枚数、カードの限度額について把握しておくことが肝心です。

1枚1枚の限度額を低く設定したからといって複数保持していれば安全とはいえないのですから。また、使用しない予定のクレジットカードは破棄しておくことをお勧めします。財布に入っているとついつい使ってしまうものですから。
あまりクレジットカード現金化を派手にやり過ぎるとかクレジットカードを停止させられる恐れもあります。『クレジットカード現金化で、カードが利用停止になる可能性は!?

クレジットカード現金化業者ランキング

あんしんクレジット

名前あんしんクレジット
営業時間年中無休、24時間対応

プライムウォレット

名前プライムウォレット
営業時間年中無休、24時間対応

24キャッシュ

名前24キャッシュ
営業時間9:00~20:00

カードnetキャッシュ

名前カードnetキャッシュ
営業時間24時間受付中

おひさまクレジット

名前おひさまクレジット
営業時間年中無休、24時間対応