クレジットカードのブラックリストとは
ネット通販キャッシュレス化の普及で、現代生活に欠かすことができない存在となったのがクレジットカードです。一昔前には「カードはなんだか怖いから使わない」と抵抗感を示す人も少なかったものの、現在はクレジットカードでの支払いがポイント獲得に繋がることが浸透しカード利用者の数は右肩上がりの状況です。

多くの大型量販店や金融機関が新規カード会員を募集するキャンペーンやプロモーションを積極的に行い、カード会員数を競い合う現在の状況の中でも、カード会員登録の条件を満たせない人は少なからず存在します。

通称ブラックリストの存在が、クレジットカード新規発行の障壁となっています。クレジットカードのブラックリストについて考えます。

クレジットカードのブラックリストとは何か?

一般的に「クレジットカードのブラックリスト」と呼ばれるものは、実際には存在しません。実際には信用情報機構という3つの団体が運営するCRIN(クリン)と呼ばれるネットワークを通じて全ての金融機関が共有される金融事故情報がブラックリストと呼ばれています。

信用情報機構には銀行が加盟する「全国銀行協会」、クレジットカード会社や信販会社が加盟する「CIC(クレジット・インフォーメーション・センター)」、消費者金融や信販会社が加盟する「日本信用情報機構」がありますが、金融事故情報は既に紹介したCRINで共有されるので、過去に1回でも支払いの滞納など金融事故を起こすとそれが全ての金融機関で情報共有されます。

信用情報機構で共有される金融事故情報は、通称どおりまさにブラックリストと言えるべき存在ですが、次にクレジットカードのブラックリストに掲載される理由を紹介します。

まさにブラックリスト!金融事故情報に掲載される原因は?

クレジットカードの機能は、商品購入代金やサービス代金の立替をカード会社が行うショッピング機能と、ATMで簡単に現金を引き出せるキャッシング機能で構成されています。どちらの機能もカード会社から借金をしていることに変わりないので、カード会社は新規カード発行の際にカード発行申請者の審査を行います。

この審査はカード発行申請者の返済能力を審査するものだと考えてください。かつて金融事故を起こした経験がある申請者へのカード発行は敬遠したいというのがカード会社の本音です。カード会社のリスク回避のために信用情報機構で共有される金融事故情報が存在します。

カード発行申請者にとっては、ネガティブ情報をなる金融事故情報ですが些細なことで掲載されるリスクがあるので注意が必要です。

例えば携帯電話の通話料を滞納した場合、分割購入したスマートフォンの購入代金が月々の携帯使用料に含まれているプランであれば、金融事故に該当し金融事故情報に掲載されます。一方、電気、ガス、水道料金の滞納は金融事故に該当しません。ポイントは「スマートフォンの購入代金が分割払いであること」で、これはローン返済になるので金融事故として処理されます

金融事故情報ではないもので、カード会社が参考にするものがあります。クレジットカード会社や信販会社が加盟するCICが収集管理している情報です。ここではカード発行申請者の他のカード会社へのカード発行申請履歴と審査結果、他のカード会社での利用実績などが共有されています。

新規カード発行を焦るばかりに、短期間で多くの(1ヶ月3件までがリミットと言われています)カードの新規発行申請を行うと「怪しい申請者」と見なされ審査通過が難しくなります。同時に他社でのカード利用限度が一杯であったり、借り入れ額が多すぎると判断された場合も同様に審査通過が難しくなるので、この情報もブラックリストだと考えても良いでしょう。

クレジットカードのブラックリストに掲載されるデメリット

金融事故情報が掲載される信用情報機構の共有ネットワークCRINや、クレジットカード会社や信販会社が加盟するCICにネガティブ情報が掲載されるのは絶対に避けたいものです。しかし万が一そのような情報が掲載されてしまった場合発生するデメリットを紹介します。

ブラックリストに掲載された時のデメリット

  • カードの新規発行申請の審査通過が難しくなる
  • 新たなキャッシングやローンの審査通過が難しくなる
  • 途上与信で利用中のカードの使用停止の可能性がある

このようなデメリットの発生が予測されます。カードの新規発行の審査通過については前項でふれたので、ここではキャッシングやローンの審査通過と途上与信で利用中のカードの使用停止について説明します。

クレジットカード現金化を利用した場合のカード停止について書いています。
→『クレジットカード現金化で、カードが利用停止になる可能性は!?

ブラックリストへの掲載でキャッシングやローンの審査通過が難しくなる

既に紹介したとおり、信用情報機構の1つであるCICが収拾、管理する情報は加盟するクレジットカード会社や信販会社の間で共有されます。新たなローンやカードローン、キャッシングには必ず審査が発生します。

クレジットカードと消費者金融の提携が進む現在では、CICでクレジットカード会社が得た情報は、消費者金融にも共有されている可能性があると考えられます。情報社会化が進み金融業界の再編成が進むにつれ、情報共有網は確実に拡大していると言えるでしょう。

金融機関は返済能力の高い顧客を欲していますから、CRINの金融事故情報はもちろんCICのネガティブ情報にも敏感に反応し、審査通過が難しくなると考えられます。

クレジットカードを作るときの審査について
→『クレジットカードの審査に落ちる理由と解決策

途上与信とは?ブラックリストへの掲載でカードが使えなくなる?

ブラックリストへの情報掲載が新規カード発行やローン、キャッシングの審査に影響を与えることはイメージしやすいと思います。ここでは途上与信のシステムを説明します。

発行済みのクレジットカードに対して再審査を行うことを「途上与信」と言います。これはすべてのカード会社が行っていることで、途上与信を行わないカード会社は存在しないと考えても良いでしょう。

実は信用情報機構だけではなく各カード会社も独自に自社のカード利用者の利用状況をモニターしています。これはカードの利用が明らかに今までの利用方とは異なる場合、不正使用を未然に防ぐ目的もあり利用者保護の観点でも行われているものです。

しかし利用状況の確認と共に、CRINやCICから共有される情報との摺り合わせも行っています。これが発行後の再審査である途上与信のシステムです。クレジットカードの会員規約の中には必ず「カード使用の停止は発行会社の判断で行える」という内容が記載されています。

CRINやCICの共有データと摺りあわせた結果、カード会社が「カードの使用停止」を決定した場合、クレジットカードは全ての機能を失い利用者は強制退会させられることがあります。この場合、カードで利用中のショッピング機能の商品購入代金などの全額、キャッシング機能で借り入れしている金額と、発生する金利手数料を含めた全額の一括返済を求められると考えられます。

クレジットカードのブラックリストと呼ばれるCRINやCICの共有データに、万一自分のデータが掲載されるとこのようなデメリットが発生します。

クレジットカードのブラックリストの掲載情報を知る方法や抹消させる方法は?

ブラックリストから消すことはできるの?
まかり間違っても自分の情報が掲載されたくないクレジットカードのブラックリストですが、これを避けるには「金融事故を起こさない」、「利用限度額一杯の利用をしない」、「無闇にカードの新規発行申請を行わない」ことくらいしか策がありません。仮に個人情報を盾にカード会社と交渉しても、全く効果が望めないと言えるでしょう。

万が一問題を起こしてしまった場合、気になるのは「どのような情報が掲載されているのか?」と、「掲載情報を消すことはできないのか?」ではないでしょうか?ある程度の掲載情報は知ることができるので紹介します。

クレジットカードのブラックリスト掲載情報の知り方は?

クレジットカードのブラックリストへの掲載情報を知ることは可能です。個人情報の問題がありますので厳重な本人確認の手続きが必要ですが、インターネットで確認することもできます。

自分のクレジットカード情報の閲覧はCICの場合は公式サイトの「自分の信用情報を確認」というページで確認できます。利用時間は08:00~21:00の間でオンラインでの閲覧には手数料が1,000円必要になります。手数料の支払い方法はクレジットカードのみとなっているので、現状でクレジットカードの審査通過ができない人は郵送で書類送付を依頼するか、直接CICの窓口に足を運ぶしか方法がありません。

閲覧資料の中の「お支払いの状況」欄の「返済状況」に注目して下さい。終了状況が「完了」の場合は問題なく処理されていますが、「異動」となっている場合はブラックリストに情報が掲示されています。問題となっている案件の金額や、金融事故が発生した期日も記載されているので、いつどの案件で幾らの金融事故を起こしたかがわかります。
他の信用情報機構のシステムも同様なので、各信用情報機構の公式サイトから確認してください。

クレジットカードのブラックリスト掲載情報の消し方は?

上記の公式サイトで確認したブラックリスト情報に、誤った情報が掲載されている場合は「事故情報取り消し申し立て」の手続きを行います。この申し立てが受け入れられた場合は誤った事故情報を削除することができます。

掲載情報に間違いがない場合は問題の金額を完済し、金融事故が解決されて5年ほどで情報が消滅しますので、残念ながら5年間待つしか方法はありません。

クレジットカードのブラックリストのまとめ

現代生活のマストアイテム、クレジットカードには便利な機能がある一方で、ブラックリストシステムという恐ろしい落とし穴があることが判りました。思わぬ落とし穴に落ちずに上手なクレジットカードと付き合う方法は、定期的に自分のカード情報を確認することではないでしょうか?

1年に1回でも自分のクレジットカード情報を確認することで、誤った情報が掲載されていないかを確認することができ、不慮のブラックリストへの情報掲載を避けることができると言えます。

個人情報管理の必要性が叫ばれる現在、自分のクレジットカード情報をしっかり掴んでおくことも個人情報管理の1つだと言えるでしょう。クレジットカード現金化がバレた場合もブラックリストに載る可能性があります。