クレカ現金化の換金率について
クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れるなら、できるだけ換金率の高い業者を選びたいと誰もが思うことでしょう。

そこで今回は、換金率の相場はどれくらいなのか、また、なぜお店によって換金率が違うのかについてご説明していきたいと思います。

クレジットカード現金化の換金率はどれくらいが相場なの?

クレジットカード現金化の換金率は業者によって異なります。なぜなら、換金率には法律的な定めがないため、それぞれの業者が自由に決めることができるからです。

業者のホームページでは「換金率最大98%」といった文言をよく見かけるため、一見、このあたりが相場なのかなと思ってしまいがちです。しかし、実際に利用する際は、これよりも低くなってしまうことが多々あります。

それでは、換金率の実際の相場やその仕組みについて、見ていきましょう。

利用額が多いほど換金率は高い

一般的には、ショッピング枠からいくら利用するかによって換金率は変わってきます。例えば、数万円など利用額が少ない場合、換金率は低く、数十万円利用する場合は換金率が高い、といった具合です。大手の現金化業者を見てみると

  • 20万円以下→80%
  • 100万円以下→90%
  • 100万円以上→95%

あたりが相場になります。なぜこのような仕組みになっているのかというと、業者の利益に関わってくるからです。

例えば、還元率を一律90%とした場合、1万円の利用であれば9,000円はお客さまに、残りの1,000円は業者の利益になります。100万円の利用であれば、90万円はお客さまに、10万円は業者の儲けとなります。

このように少額の利用では、 業者にとっての利益は非常に少なくなってしまうため、高額の利用者とは還元率に差 をつけているのです。

表向きの還元率と実際の還元率は違う

還元率80%”としている業者と、“還元率95%”としている業者、あなたならどちらを選びますか。

「そんなの95%に決まってるでしょ」という声が聞こえてきそうですが、実は、業者のホームページに掲載されている換金率をうのみにするのは少々危険です。

なぜなら、実際に現金化する際には、「消費税」、「クレジットカードの決済手数料」、「商品の配送料」など、さまざまな手数料がかかるからです。消費税は別として、他の手数料に関してはそれぞれの業者が独自に決めています。

そのため、換金率95%と思って利用したのに、振り込まれた金額を見たら10%も低い85%だったということも少なくありません。

まれに、手数料も含めた上で換金率を提示している良心的な業者もありますが、ほとんどの場合は手数料抜きで掲載されています。

換金率以外で絶対に確認すべき3つのポイント

換金率以外で絶対に確認すべき3つのポイント
換金率は利用額によって違う、また、ホームページに掲載されている換金率そのままで現金化されるわけではない、というご説明をしました。しかし、ほかにもクレジットカードを現金化する際には、チェックしておきたい大切なポイントがあります。

現金化できるまでの時間

消費者金融や銀行のカードローンと違い、面倒な審査がなく、すぐに現金が手に入るというのがクレジットカード現金化のメリットです。

さらに最近では、わざわざ店舗に行かなくてもスマホやパソコンなどのインターネット環境があればすぐに申込みができ、現金振り込みまで最短10分というケースも。

しかし、なかには現金化まで数日かかってしまう業者もあるため、急いでいる方は申込前に必ず確認しましょう

また、即日振込の場合は還元率が低く、急ぎでない場合は還元率が高くなるサービスを提供している業者もあります。現金が必要な日までに猶予がある場合は、こういった業者を選んでも良いでしょう。

申し込みできる最低金額

クレジットカードを現金化する際、現金化業者では「上限金額」は決められていません。

カードのショッピング枠の上限ギリギリまで利用することができます。また、キャッシング枠を使い切っていたとしても利用は可能です。

ただし、現金化する時点で、すでにショッピング枠をいくらか使っている場合は、残額分しか現金化することはできません。

例えば、50万円のショッピング枠のうち10万円分を買い物や携帯代の支払いに使用していれば、現金化できるのは40万円ということになります。

一方、利用できる「最低金額」は業者によって決まっています。1万円からOKというところもあれば、最低5万円からでないと利用できない業者もあるのです。

利用金額が高いほど還元率が良い業者も多いですが、それでもやはり、利用するほど手数料の額は大きくなるわけですから、必要最低限にとどめておくべきです。

結婚式のご祝儀、給料日前のレジャー代などで、少しだけ現金が必要というのであれば、申し込みできる最低金額が低い業者を選びましょう。

手数料を差し引いた最終的な振込金額

さきほどもご説明したとおり、クレジットカードを現金化する際は、還元率だけ見て業者を決めてはいけません。

あらかじめ決められた還元率から、消費税、カードの決済手数料、業者に指定され購入した商品を自宅に送ってもらう際の発送料などが差し引かれるからです。

これらは、ホームページには明記されていない場合がほとんどです。ですから、申し込みの際はどのような手数料がいくらかかるのかをしっかり確認し、それらを引いた最終的な振込金額を聞いておきましょう。

どうしても今日、明日中に現金が必要で、多少換金率が悪くても良いという場合は別として、できればいくつかのクレジットカード現金化業者を比較検討することをオススメします。

そして、手数料を聞いてもあいまいに答えるような業者は、後々トラブルになる危険性もあるので利用しないようにしましょう。

自分で現金化する際、換金率が高い商品は何?

換金率が高い商品はどれ?
クレジットカードを現金化する方法としては、現金化業者を利用するほかに、自分でショッピング枠を利用して商品を購入し、それをリサイクルショップや金券ショップなどで換金する方法があります。

では、自分で現金化する際、最も換金率が高いのはどういった商品なのでしょうか。

ブランド品やゲーム機は売り方が難しい

現金化できる商品としては、ヴィトンやエルメスなどブランド品のバッグや、ロレックスなどの時計、人気ゲーム機、家電製品などがあります。

ただし、ブランド品は持ち込む業者や、ブランドの種類、型番、その商品の現在の需要、買い取ってもらうタイミングなどによって換金率が大きく変わります。

新品の高級ブランドであっても、現在人気がないものであれば換金率が50%ほどになってしまうこともありますし、手に入りにくい品薄のゲーム機であれば購入金額よりも高く売れることもあります。

商品を現金化する際は、その商品の相場をインターネットなどでよく研究する必要があり、また売りに行くお店もしっかり吟味しなくてはなりません。

うまくいけば、100%以上の換金率になる可能性もありますが、現金化初心者にはかなり手間がかかる方法になります。

現金化で最も換金率が安定しているのは金券

では、商品券やギフト券といった金券の場合はどうでしょうか。

実は、商品券の換金率は非常に高く、金券チョップなどでは95%前後になるケースも少なくありません。しかし現在、金券の多くはクレジットカードでの購入が難しくなっています。

全てできないわけではありませんが、“ゴールドカード以上ならできる”“提携カードなら買える”といった条件があるケースがほとんどです。ただし、新幹線の回数券であれば、誰でも購入可能です。

新幹線の回数券は6枚つづりになっており、1枚1枚購入するよりもお得であるため、出張の多いサラリーマンや、頻繁に帰省する方に人気があります。そのため、金券ショップでの買取価格も区間によっては95%前後と、かなり高くなっています。

ただ最近は、手軽で換金率も良いこの手法が、すぐにお金が必要な人たちの間でメジャーになりつつあるため、クレジットカード会社も転売目的での購入かどうかには目を光らせています。

普通では使い切れないほど大量購入したり、自分の生活圏ではない区間のチケットを購入したりすると、カードを利用停止にされる可能性があるので注意が必要です。
クレジットカードの利用停止について詳しく書いた記事はコチラから→『クレジットカード現金化で、カードが利用停止になる可能性は!?

ほかには、iPhone内のゲームの課金や楽曲の購入ができるプリペイドカード「iTunesカード」もクレジットカードで購入し、買取サイトで換金できます。ただし、換金率は70%ほどと、新幹線回数券には遠く及びません。

クレジットカード現金化の換金率まとめ

ホームページに大きく掲載されている換金率だけを見て業者を決めてしまうと、「予定していた額より全然少なかった」ということになりかねません。

ですから、業者を決める際は、換金率が適用される条件や、ほかにかかる手数料がないかをチェックし、疑問点があれば遠慮なく質問して確認しましょう

冠婚葬祭が続いて家計が厳しい、ボーナス前に旅行の支払いがきてしまったなど、ちょっとお金が必要なときにとても便利なクレジットカードの現金化。

不安点はしっかり解消して、安心して利用できるといいですね。