クレジットカードの画像
明日までにまとまったお金を用意しなければならないときの手段として、クレジットカード現金化があります。

クレジットカード現金化の方法や業者の営業形態にはいくつかの種類がありますが、安全性や利便性の面から考えると、ネットや電話で取引する無店舗型の業者を利用するのが1番です。

クレジットカードのショッピング枠現金化にはメリットがたくさんありますが、リスクがないわけではありません。最悪の場合、カードが使えなくなってしまうこともあります。現金化について深く知って、このようなリスクを回避しましょう。

2017年最新版!優良クレジットカード現金化業者一覧

優良なクレジットカード現金化業者を掲載しています。実際に利用して安心して安全な業者のみです。

  • 闇金関連業者
  • 低換金率業者
  • 対応が悪い業者

上記のような業者は徹底排除しています。

高い換金率の優良業者なのでおすすめです。

あんしんクレジット

名前あんしんクレジット
営業時間年中無休、24時間対応
換金率98.8
備考ご契約いただいた方全員換金率アップ

プライムウォレット

名前プライムウォレット
営業時間年中無休、24時間対応
換金率98.8
備考新規お申込みで最大50,000円プレゼント

24キャッシュ

名前24キャッシュ
営業時間9:00~20:00
換金率98.8
備考期間限定特別キャンペーン実施中!還元率アップ中!

新生堂

名前新生堂
営業時間24時間受付中
換金率最大95%
備考期間限定キャンペーン中!現金化するなら今がお得

キャッシュライン

名前キャッシュライン
営業時間年中無休、24時間対応
換金率94
備考初回契約時換金率5%UP

もくじ

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは
クレジットカード現金化とは、クレジットカードの後払いシステムを利用してショッピング枠を使って商品を購入し、その商品を業者や買取ショップなどで買い取ってもらい商品を換金する行為の事です。業者に買取を依頼した場合は、商品を購入した金額がすべて振り込まれるわけではなく手数料などが引かれた金額が振り込まれます。

怪我や病気、冠婚葬祭など、突然まとまったお金が必要となるケースはよくあります。しかし、すぐにキャッシングの申し込みをしても、手続きや審査に時間がかかって、とても間に合いませんよね。

また、せっかく申し込んでも審査に落ちてしまうこともあります。現金化なら、カード会社から見るとユーザーが買い物をしているように見えますので、面倒な審査もなくすぐに」お金を用意できます。

キャッシングは時間がかかる上になかなか審査に通らない

クレジットカードにはキャッシング機能とショッピング機能があり、お金を借りる場合は前者を利用します。しかし、借金をするということは、返済義務が生じるということですので、返済能力がないとみなされれば審査に通りません。

キャッシング審査では、

  • 勤務先
  • ローンやキャッシング、奨学金などの契約と支払い状況
  • 金融事故履歴
などの信用情報を調べられます。
つまり、「安定した職に就いていない」「現在借金がある」「ブラックリストに載っている」という事実が確認されれば、審査に落ちてしまいます。

手間をかけて手続きをして、ようやく審査を受ける段階になって落ちてしまえば、時間の無駄になってしまいます。そういったキャッシングのデメリットを解消しているのが、「クレジットカード現金化」です。

クレジットカードのショッピング枠を利用すればすぐに現金が手に入る!

すぐに現金が手に入る
普段クレジットカードを利用する方は、キャッシング機能よりもショッピング機能のほうが馴染み深いかもしれません。現金化は、このショッピング枠(利用限度額)を使って、現金を手にする方法です。

現金化には「買い取り方式」と「キャッシュバック方式」があります。
どちらもクレジットカードで商品を購入しますが、

  • 買い取り型は商品を売ってお金を受け取る
  • キャッシュバック方式は商品を購入した特典としてキャッシュバックを受ける
という違いがあります。

しかし、2011年にキャッシュバック方式の取引をしていた業者が、出資法違反で逮捕されました。それを境に現在、業者のほとんどは買い取り型で取引しています。

逮捕容疑は2010年3月上旬から11年1月中旬ごろまでの間、千葉県浦安市の男性会社員(49)ら4人にクレジットカードでプラスチック製のネックレスなど360円相当の商品を約415万円で購入させた上、カード会社から入金される代金のうち約346万円を4人にキャッシュバックし、差額約69万円を実質的な利息として受け取った疑い。利息は法定の10.96~22.95倍に当たるという。

利息が法定の10.96~22.95倍!ヤミ金よりも法外な金利です。
いずれにしても、クレジットカード会社にとって現金化はカードを使った買い物という扱いになりますので、厳しい審査などが必要ありません。また、ショッピング枠はキャッシング枠よりも限度額が多いため、必要な額を用意しやすいというメリットもあります。

現金化をおこなうには、すべて自分だけでやる方法だけではなく、専用の業者を利用する方法もあります。それぞれの詳しい利用方法やメリット・デメリットは、「クレジットカード現金化の方法」でご紹介します。

クレジット現金化のメリットとデメリット

すぐにお金を用意しなければならないときでも、諸事情からキャッシングを利用できない方もいるでしょう。現金化は審査不要で即日入金してくれる業者が多いため、誰でもすぐにお金を手に入れられます。

しかし、メリットばかりではありません。最大のデメリットは、カードが利用停止になるリスクがあるという点でしょう。現金化をするときは、リスクがあることも考慮して、慎重におこないましょう。

面倒な審査不要で誰でも利用可能
現金化はショッピング枠のあるクレジットカードを持っている人であれば、誰でも利用できます。審査なども必要ないため、現在借金がある方や、学生や主婦など職に就いてない方でも問題なく入金してもらえます。

即日入金してもらえる
無店舗型業者は、入金スピードが早いのも大きなメリットです。業者によっては、申し込みから入金までが最短で10分というところもあります。

時間や場所を選ばない
ネットや電話で取引する無店舗型の業者を利用した場合に限りますが、24時間365日、いつでも現金化の申し込みができます。地方に住んでいる方や、仕事で時間が取れない方でも利用しやすいサービスです。

分割やリボ払いも可能
クレジットカード現金化はショッピング枠を利用したサービスですから、後日ショッピング利用した金額を支払います。一括で支払うのが大変な場合、分割やリボ払いを選択すると良いでしょう。ただし、分割やリボ払いすると利息がかかることを忘れないでください。

詐欺の被害に注意が必要
一時期に比べるとかなり減りましたが、悪質な現金化業者もいます。悪質業者を利用すると、個人情報が流出したり、表示された換金率(還元率)よりかなり低い金額しか振り込まれなかったりします。利用前に業者の情報収集はしっかりおこなわなければなりません。

身の丈に合った利用を徹底しよう
現金化は審査不要で誰でも利用できるため、つい自分の返済能力を超えてしまう方もいるようです。しかし、お金はもらえるわけではなく、後日必ず返済しなければなりません。そのことを忘れずに、計画的な利用を心がけましょう。

現金化がカード会社に知られてしまった場合のペナルティ

お金が必要なときに誰でもすぐに利用できる現金化ですが、クレジットカード会社の規定には違反した行為です。カード会社に現金化利用が知られると、さまざまなペナルティを受けることになるので、慎重におこなう必要があります。

クレジットカードを解約させられる
現金化利用がカード会社に知られると、確実にカードは利用停止になります。現金化に利用していないカードまで解約させられたり、今後新しいカードが作れなくなったりすることもあります。

クレジットカード利用停止について詳しく知りたいならこちらの記事がおすすめです。
クレジットカード現金化で、カードが利用停止になる可能性は!?

一括返済を求められる
カードを解約するときに、まだ支払いが残っているショッピングやキャッシングの利用があれば、一括返済を要求されます。

債務整理・自己破産ができなくなる可能性がある
借金が膨れ上がってしまった場合の最後の手段が自己破産です。しかし、現金化が原因で借金がかさんでしまった場合、自己破産が認められないことがあります。自己破産が許可されるかどうかは、裁判所から「悪質なケース」と判断されるか否かにあるようです。
自己破産や債務整理ができなくなるのか詳しく説明しています。→『えっ!?クレジットカードの現金化をすると自己破産ができないの?

クレジットカード現金化の違法性について

審査不要で時間がかからないクレジット現金化ですが、残念ながらデメリットもあります。クレジットカード現金化は違法とは言えませんが、グレーゾーンであることは確かです。

さらに、カード会社の規約には完全に違反しているので、カード会社に現金化を利用していることが知られれば、手痛いペナルティを受けることになります

現金化の利用で逮捕される?

クレジットカード現金化は完全な違法行為とは言えないまでも、グレーゾーンであることは確かで、お金が必要でも逮捕されるのが怖くて現金化の利用をためらってしまう方もいるかもしれません。
現金化で逮捕
しかし、現在までに逮捕されたのは悪質な商売をしていた業者のみで、カード利用者側が逮捕されたことはありません。また、今後も現金化を利用した側や、まっとうに営業している業者が逮捕されることはないでしょう。

その理由は、

  1. カードで商品を購入する
  2. 商品を売却してお金を手に入れる

という流れが、一概に現金化を目的としているとは言い切れないからです。

たとえば、

旅行に行くために新幹線のチケットを購入しようとしたら、間違った行き先のチケットを買ってしまったとします。そのまま持っていても無駄にしてしまいますから、多くの方は換金してもらう

このような場合でも、商品を購入して換金する、という流れは現金化とまったく同様です。カード利用者がどのような目的を持って購入した商品を換金したかがわかりにくく、完全に違法とは言えません。

何度も同じような方法で商品購入と換金を繰り返していれば、厳しくチェックされ現金化と判断されてしまう可能性はあります。しかし、適度な頻度であれば、問題とされることはないでしょう。
クレジットカード現金化は違法なの?逮捕される心配は?』コチラで逮捕されるのかを詳しく書いています。

クレジットカード現金化はカード会社の規約違反!知られないように注意が必要

もし現金化の利用が知られてしまったとしても、カード利用者側が逮捕されることはまずありません。しかし、現金化はカード会社の規約に違反した行為です。そのため、カード会社に知られてしまえば、カードの利用が停められてしまうなどのペナルティを受けます。

では、なぜカード会社はクレジット現金化を禁止しているのでしょうか?その理由は、審査不要でほとんど誰でも利用することができるという点にあります。

利用すると、最終的にカード会社に商品代金を支払わなければなりません。自らの支払い能力を超えて現金化をする利用者が増えると、カード会社は大きな損失を受けることになってしまいます。

どうしてもお金が必要となった場合でも、まずは現金化以外に手段はないかを考えてみてください。現金化はリスクを伴いますので、あくまでも最終手段と考えましょう。

安全なクレジットカード現金化の方法!商品を買う?業者に頼む?

クレジットカード現金化の方法
では、具体的にクレジットカードの現金化はどのようにおこなうのでしょう。

  • 専門の業者に頼む
  • 換金性の高い商品を自分で買い販売する

という2通りのパターンがあります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、「手間なく即日入金」したいなら、業者を利用するのがおすすめです。

専門の業者に頼んで現金化する場合のメリット・デメリット

早くて簡単」なのが現金化の最大のメリットではないでしょうか?

優良現金化業者を利用すれば、面倒な手間をかけることなくすぐにお金を受け取れます。悪質業者はきちんと見定めて避ける必要がありますが、優良業者であればデメリットなく利用することができます。

即日お金が受け取れる

クレジットカード現金化を利用する方のほとんどが、「今すぐお金が必要!」という状況ではないでしょうか?業者を介した現金化は、申し込みから振込までをスピーディーに済ませることができます。

始めて利用する場合は本人確認が必要ですが、それでも最短で30分前後、本人確認が必要ない2回目以降は10分程度というところが多いようです。うまく利用すればその日のうちには必要な金額が口座に振り込まれるので、ピンチのときに最適です。

自分でおこなうよりもカード停止のリスクが低い

クレカ現金化はカード会社の規定に反しているので、知られないように細心の注意を払う必要があります。金券など、換金性の高い商品は常にカード会社が目を光らせているため、頻繁に購入していると現金化が疑われ、カード停止のリスクが上がります。

業者を利用した場合、決済代行会社を通すことになるため、何を購入したのかという履歴が残りません。そのため、何度も現金化をするのであれば業者を通したほうが安全です。

悪徳業者もいるので見極めが必要

現金化業者はネットや電話のみで取引する無店舗型が主流なってきました。顔の見えない相手とお金のやり取りをするのは不安だと感じる方も多いでしょう。

実際に、

  • 手続きをしたのに入金されない
  • 個人情報が流出した
などのトラブルに合った方もいるようです。

以前に比べれば悪質業者の数はグッと少なくなりましたが、油断は大敵です。利用する前に、本当に信頼できる業者かをきちんと判断しなければいけません。

また、換金率の良さを誇大に宣伝する業者もいます。

クレジットカード現金化の換金率(還元率)とは?

たとえば、現金化をして8万円を手に入れようとします。換金率80%以上の業者を利用した場合、

8万円÷0.8(80%)=10万円

となります。

つまり、8万円を手に入れるには、10万円の商品を購入し、その商品を業者に8万円で買い取ってもらい、後日カード会社には10万円を支払うことになります。

できるだけ高い換金率(還元率)で現金化しなくては、後々の支払いが大変になってしまいますので、注意しましょう。

ところが、換金率95%以上と表示されているのに、実際に利用してみたら70%だったということもあるようです。通常業者を利用した現金化の平均換金率は80%ですから、あまりにも高換金率の表示がある場合は疑ったほうが良いでしょう。

換金率(還元率)についてもっと詳しく知りたいならこちらから『クレジットカードを現金化するなら知っておきたい換金率のこと

高い換金率を目指すなら新幹線の回数券がおすすめ!

他にも新幹線の回数券はクレジットカード現金化をする際によく利用されています。
換金目的で利用者が多くなったのでクレジットカードでも金券の購入ができなくなっていますが、新幹線の回数券は換金できる金券ですがクレジットカードで購入ができます。
その回数券をさらに高い換金率で現金化をしたいならこちらの記事を詳しく書いていますのでぜひ、読むことをお勧めします!
クレジットカードの現金化で新幹線回数券を安全に買うには?

クレジットカード現金化業者別換金率一覧
業者 換金率 営業時間
あおぞらクレジット 87%~95% 9:00~21:00
あんしんクレジット 88%~95% 9:00~20:00
ギフトクレジット 90%~94% 9:00~21:00
キャッシュライン 98.80% 9:00~20:00
クレカ堂 83%~95% 8:00~21:00
ココクレカ 98.40% 8:00~21:00
サンライフギフト 87%~95% 9:00~21:00
セーフティサポート 86%~95% 9:00~20:00
ライフパートナー ~98% 9:00~20:00
スマイルギフト 87%~94% 24時間対応
トータルライフ 88%~96% 24時間対応
ファミリークレジット 88%~96% 9:00~21:00
和光クレジット 87%~94% 8:00~21:00
換金堂 ~98% 24時間対応
生活ギフト 83%~92% 8:00~22:00
新生堂 87%~95% 9:00~21:00
現金化屋さん ASK 24時間対応
安心くん 88%~98.4% 8:00~21:00
ひまわりギフト 84%~96% 9:00~20:00
パートナーギフト 90%~97% 9:00~21:00
トータルサポート 87%~94% 9:00~21:00
たんぽぽギフト 90% 8:00~22:00
サポートギフト 90%~97% 8:00~22:00
おひさまクレジット 88%~96% 9:00~19:00
24キャッシュ 87%~93% 9:00~20:00
換金クレジット 91%~96% 8:00~21:00
ジョイフル 90%~98.5% 9:00~20:00
LIFE(ライフ) 89%~91% 9:00~21:00
ゴールドラッシュ 89%~98% 9:00~21:00
スピードクレジット 98.8% 10:00~22:00
シンプルクレジット 98.8% 9:00~22:00
アンフィニクレジット 96% 9:00~19:00

すべて自分でクレカ現金化する場合のメリット・デメリット

金券やブランド品など、換金率の高い商品を自分で購入し、高く買い取ってくれる店に売るという現金化の方法もあります。うまく利用すれば換金率(還元率)がかなり高くなりますが、すぐにお金が手に入れられる方法ではありません。

業者を介するよりも換金率(還元率)が高くなる

自分で現金化をする場合、

  • 貴金属やブランド品などをできるだけ安く購入する
  • 購入した商品をできるだけ高く買い取ってくれる店に売る

という方法を使えば、現金化業者を利用するよりも高い換金率で現金化できます。

手間と時間がかかる

上手に利用すれば高い換金率で現金化することができますが、そのためにはかなりの時間と手間がかかります。

  • 換金率(還元率)の高い商品を安く買える店を探す
  • 商品を高く買い取ってくれる店を探す

これらのことをすべて自分でやらなければなりません。商品や店の価格は変動が激しいため、常に最新の情報を収集しておく必要があります。情報収集に失敗すると、業者を介するより低くなることも多いようです。

カード会社にクレカ現金化が知られやすい

自分で商品を購入すると、カードの利用履歴に何を買ったのかが記録されます。カード会社は換金率(還元率)の高い商品に目をつけているので、金券や貴金属などを頻繁に購入すると、元金化の利用が疑われカード停止のリスクが高まります。

さらに詳しく自分で現金化できる方法について知りたい方は『クレジットカードのショッピング枠を自分で現金化する方法』で詳しく説明しています。

現金化した人のリアルな口コミ

クレジットカード現金化には、それぞれメリットとデメリットがあることがわかりました。ここでは、現金化したことがある人の口コミを紹介します。満足できる結果を得られた人もいる一方で、失敗談として掲載している人もいます。

評価の低い口コミを読む際には、どのような点に注意しなければならないのかも合わせて確認してみてください。

実際はかなり換金率(還元率)が低かった
公式サイトでは、換金率が最高で95%と表示されていたのですが、実際には手数料などを差し引かれて75%くらいでした。また、クレジットカードの種類によっても信用度が異なるため、換金率に差があるようです。

現金化業者によっては、プランごとに換金率を表にまとめているところもあるそうですね。私が選んだところは、「要相談」としか書かれておらず、最高換金率もキャンペーンなどさまざまな条件が重なっての数字でした。次はほかの業者に頼むつもりです。

(会社員 50代 男性)
急ぐ必要がないなら手を出さないほうがいいかも
以前、どうしても冬のコートが我慢できずに消費者金融でお金を借りて購入しました。たいした額ではなかったのですが、完済までの期間が長くなるほど利息が増えていくので、思い切って一括返済を決意。

近所の業者で3万円だけ現金化してもらいました。借金は返せましたが後々の支払いで4万円以上引かれて少し後悔しています。少額だったので軽い後悔で済みましたが、10万円以上だったら払えなかったかもしれません。

現金化はどうしても明日、明後日までにお金が必要!という人のための最終手段です。私のように利用しなくても問題なかった人が手を出すものではなかったかと、今では後悔しています。

(30代 会社員 女性)
個人情報が流出して最悪!
申し込みから入金までの流れは非常にスムーズで、特に問題なく必要としていた額を手にできました。しかし!それからしばらく経ってから、迷惑メールやDMが非常に多くなり困っています。

慌てて調べてみたら、私以外にも同じ被害に遭っている方が多くいるようでした。電話での対応も良かったので完全に安心しきっていましたが、業者の目的は個人情報の収集にあったようです。見抜けなかった私も悪いのですが、本当に最悪でした!

(会社員 20代 女性)
業者を介さないと大変
知り合いが業者を使って現金化したのですが、換金率(還元率)は引き下げられるし振込は遅いしで最悪だったと言っていました。私は業者を通さずに商品の購入から売却まで全部自分でおこなったので、騙されることはありませんでした。

しかし、自分で全部やるというのはものすごい手間と労力がかかります。どこで売るのが1番高いのか?カード会社にバレないようにするには?など、考えることはたくさんあります。

業者を利用すれば手間がかからず即日入金とのことですから、優良業者を見つけられるならそれに越したことはないと思います。

(自由業 40代 男性)
審査不要で簡単に現金化できた!
どうしてもお金が足りなくなったとき、学生なのでキャッシングは審査が通らないと思い、困っていました。友達に相談してクレジットカード現金化の存在を知り、ダメ元で申し込んでみたらあっさりOK!向こうから電話が来て入金されるまでに、40分くらいだったと思います。
初めてだったので時間がかかると思ったのですが、夜に申し込んで、次の日には必要な額が入金されていました。かなり簡単な反面、自分の身の丈に合った使い方をしないと、支払い額がどんどん膨らんでしまうので注意が必要です。

(学生 20代 男性)
現金化はピンチを凌ぐためのものだということを忘れなければ大丈夫
もともと、オークションや中古販売などをよく利用するため、自分の持ち物を売ることにあまり抵抗がありません。そのため、現金化を知ったときはそれらと同じようなものだと思いました。

ただ、現金化は不要品を処分するというのが目的ではなく、手っ取り早くお金を作ることが目的となっている点は異なっていますね。あくまでも現状のピンチを脱却するための方法であり、稼ぐ方法ではないということを忘れなければ、良いサービスだと思います。

(主婦 50代 女性)
知人の紹介で優良業者を利用しました
よくクレジット現金化詐欺などの言葉を耳にするので、ずっと危ないサービスだと思っていました。しかし、実際にはほんのひと握り悪徳業者がいるだけで、ほとんどの業者はまっとうな営業をしていると、知人に教えられピンチだったのもあって利用してみました。

僕の場合、利用した業者は知人の紹介でしたので、特に下調べなどはしていません。公式サイトに目を通すことすらなく、いきなり申し込みをしました。女性のオペレーターで、人間味のある暖かい対応でした。

(自営業 30代 男性)
下準備を入念にしておけばお得に利用できます
現金化は少し怖いイメージがあったので、業者選びはかなり慎重に、時間をかけておこないました。その過程で、公式HPに表示されている換金率や入金スピードはあくまで目安であって、実際とは異なることもあると知りました。

候補に残った業者すべてに電話をかけて、利用できるプランや換金率などを相談し、もっとも条件が良かったところと取引しました。さすがに多くのサイトで優良業者と言われているだけのことはあり、どこも対応が丁寧で、安心して質問することができました。

(主婦 40代 女性)

口コミ投稿フォーム

※口コミは承認されたら掲載されます。

悪質業者の詐欺を見極める方法

現金化にはリスクもあるため、慎重に利用しなければなりません。リスクのうちの1つが、悪質な業者にあたってしまうこともあるということです。

実際に悪質業者にあたってしまった結果、

  • 手続きをしたのに入金されない
  • カード情報などを抜き取られ、悪用される
  • 勝手にお金を貸し付けられる
  • 高額な手数料やキャンセル料を要求される
などの被害にあった方も大勢います。

被害者の方からのクレームを受けて、逮捕された業者もたくさんあります。以前に比べれば警察の取り締まりが強化され、悪質業者は減ってきています。

しかし、現金化そのものがグレーゾーンであり、はっきりとした法律があるわけではありません。現状では多数のクレームが寄せられた業者以外は取り締まれられていないようです。

では、悪質業者の利用を避けるためには、どのような点に注意しなければならないのでしょうか?基本的には、ネットで徹底的に情報収集することです。

国民生活センターではクレジットカード現金化について注意喚起を促しています。
クレジットカードの現金化(各種相談の件数や傾向)_国民生活センター

情報サイトや口コミサイトを利用する
現金化業者の情報をまとめたサイトや、利用者の口コミを集めたサイトは検索すればすぐに見つかります。優良業者はさまざまなサイトで取り上げられており、利用者も多いという特徴があります。まずはこの段階で候補の業者をいくつか見つけましょう。

公式HPをチェックする
候補となる業者を見つけたら、公式HPを見てみてください。

「住所」「固定電話番号」「代表者氏名」

この3つが記載されているかをまずは確認しましょう。業者側からすれば、これらの情報を隠しておけば何かあったときにすぐ逃げることができます。それでも情報を載せるということは、まっとうに経営している証拠です。

また、「換金率98%」などと記載されていても、実際には手数料などを取られることもあるため注意が必要です。あまりにも高すぎる換金率の業者は疑ってかかったほうが良いでしょう。

電話での対応が丁寧
実際に利用する業者を決めて、いざ電話で話してみたら横柄だったり、質問しても曖昧にはぐらかされたりするかもしれません。もしあなたが不安になるような対応をされた場合は、優良業者とは言えません。ほかに候補としていた業者に変えたほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化業者と闇金・消費者金融の違い

一部の悪質業者のために、現金化にあまり良いイメージを持っていない方は多いようです。中には、闇金と同じようなものだと思っている方もいるかもしれません。しかし、違法な貸し付けや取り立てをおこなう闇金と現金化はまったく異なるものです。

闇金とは?
貸金業として届出をせず、違法な営業をしている業者のことを言います。誰にでもお金を貸す代わりに法外な利子を要求し、悪質な方法で金銭を回収します。どんなにピンチになったとしても、闇金は絶対に利用してはいけません!

では、闇金ではない、まっとうに営業している消費者金融と現金化はどのような点が異なるのでしょうか?
クレジットカード現金化業者と闇金の関係性について詳しくかいています。興味がある方はどうぞ!
1つ目は、そもそも借金ではないということです。

現金化を利用すると、後日カード会社から現金化のために購入した商品の代金を請求されます。しかし、あくまでもカードで買い物をしたという記録しか残らないため、借金をしたということにはなりません。

2つ目は、金利の違いです。

現金化の手数料
現金化は貸金業ではないので、金利ではなく手数料という形をとっています。

たとえば換金率80%の業者でクレジットカードのショッピング枠を10万円分使った場合は、8万円受け取り、2万円を手数料として支払う形になります。

60日後、カード会社に10万円を支払った場合の年間金利を計算すると、

2万円×365÷60÷10万円=約122%

計算上はものすごく高い金利となります。
消費者金融の金利
きちんと届出をして営業している消費者金融の最大金利は年間で18%までと法律で定められています。

年間の金利として比較すると、現金化のほうが圧倒的に高くなります。

現金化を利用するのは損?
年間金利がかなり高くなってしまう現金化は、1~2ヶ月で返済できる金額以上は手を出さないほうが良いでしょう。どうしても支払いが大変なときは分割やリボ払いにするという手もあります。

一方で、消費者金融と比べて現金化が優れている点もたくさんあります。

  • 審査不要で誰でも利用できる
  • 即日入金される
  • 借金履歴が残らない

などのメリットは、急いでお金を用意したい方や借金に抵抗がある方にとって特に嬉しいポイントでしょう。

クレジットカード現金化が不安なら携帯電話決済で現金化!

審査不要で利用できるクレジットカード現金化ですが、1つだけ利用条件があります。それは、ショッピング枠のあるクレジットカードを持っていることです。カードを使えない状態であったり、カードを持っていなかったりする場合は現金化できないのでしょうか?

実は、キャリア決済機能がある携帯電話やスマホを持っていれば、クレジットカードがなくても現金化できます

携帯電話決済での現金化とは?

携帯電話決済で現金化
携帯会社の中には、自社の携帯電話にキャリア決済機能を搭載しているところがあります。キャリア決済機能を使えば、ショッピングの際、商品代金を月々の携帯代とまとめて支払うことができます。

キャリア決済の利用限度額は携帯のキャリアや契約年数などによって異なります。だいたいのキャリアは3ヶ月以上の使用で3~5万円、利用期間が長い方で最大10万円です。

携帯電話決済のやり方
購入した商品を買い取ってもらう買い取り型が主流です。基本的な流れはほとんどクレジットカード現金化と変わりません。

  1. キャリア決済で利用できる金額を確認する
  2. ネットで業者に申し込む
  3. 担当者の指示に従ってギフトカードなどをキャリア決済で購入
  4. 業者にギフトカードのコード部分を写真に撮ってメールで送る
  5. 最短10分で現金化
  6. 時間や手間がかからない、24時間365日いつでも利用できるなど、メリットもクレジットカード現金化と同様です。

携帯電話決済現金化の注意点!最悪利用停止になるかも!?

キャリア決済で現金化をする場合でも、クレジットカード現金化と同様、気をつけるべきポイントがあります。しかし、優良業者を利用して、自分の支払い能力の範囲内で利用すれば心配し過ぎることはありません。

支払い方法は一括のみ
キャリア決済は携帯料金と一緒に支払える便利さが魅力ですが、分割やリボ払いができないというデメリットがあります。必ず一括で支払える金額を設定するようにしましょう。

携帯会社に知られれば解約させられる
クレジットカード現金化がカード会社に知られてしまえば、カードが利用停止になります。キャリア決済現金化の場合も、携帯電話を解約させられてしまうリスクがあるようです。しかし、優良業者を通せば現金化利用がバレる可能性はほぼありません。

amazonギフト券を換金する方法とは

クレジットカードを現金化するのは少しハードルが高いという方におすすめなのが、『amazonギフト券現金化』です。商品券やギフト券などは非常に高い換金率で買い取りされています。
キャリア決済の他にもamazonギフト券を現金化する方法などもあります。
詳しく知りたい方はこちらからどうぞ『優良Amazonギフト券買取業者比較ランキング!気になる評判や口コミは?

優良業者の店舗型と無店舗型の違い

現金化業者は、

  • 店舗型
  • 実際に店舗を構えており、顧客側が店に出向いて対面で取引します。

  • 無店舗型
  • 実店舗は存在せず、ネットや電話でのやり取りで取引します。

の2種類に分けられます。

それぞれのメリットとデメリットを確認していきましょう。

店舗型のメリット・デメリット

実際に店舗が建っている店舗型業者での現金化のメリットは、営業形態的に悪質業者が少ないという点です。しかし、無店舗型に比べると換金率が低く、何度も利用するとカード会社に現金化していることを知られてしまうデメリットがあります。

換金率が低い
実際に店舗を構えるということは、お店を維持していくだけの費用がかかります。店舗型の業者は、利益から家賃や光熱費などを差し引かなければ経営が成り立ちません。そのため、無店舗型よりも換金率(還元率)が低く設定されています。

悪質業者が少ない
残念ながら、現金化は悪質業者も存在するサービスです。店舗型の場合、お店が実際に建っているわけですから、そう簡単に逃げることができません。無店舗型の業者と比べると、悪質業者の数はかなり少なくなると考えられます。

カード会社に現金化が知られてしまう可能性が高い
店舗型の業者では、クレジットカードで金券など換金率(還元率)の高い商品を購入してから、現金で払い戻す方法を採用しています。

金券などは現金化に利用されるケースが多いことから、カード会社は常に目を光らせています。そのため、頻繁に金券などを購入していると現金化利用を疑われやすくなります。

無店舗型のメリット・デメリット

実際にお店が建っているわけではない無店舗型は、ネットや電話での取引が主となるため、時間や場所を選ばずに利用できます。相手の顔が見えない不安はありますが、事前に下調べをしておけば、現在ではほとんど詐欺の心配はありません。

いつ・どこにいても現金化できる
無店舗型の現金化業者は、実際にお店が建っているわけではなく、ネットや電話で取引をおこないます。そのため、たとえ地方に住んでいたとしても、ネット環境さえあれば簡単に申し込みが可能です。

また、店舗型であれば土日祝日が休みだったり、深夜や早朝は営業していなかったりします。無店舗型は24時間365日、いつでも申し込みを受け付けているところがほとんどですので、都合に合わせた時間に利用できます。

換金率が高い
無店舗型であれば、店の維持にかかる家賃や光熱費などの費用を利益から差し引く必要がありません。そのため、店舗型よりも換金率を高く設定しています。

業者の質をしっかり見極める必要がある
無店舗型業者のデメリットは、相手の顔が見えないため、優良業者であるかをきちんと見極めなければならない点です。申し込む前にネットで情報を集め、電話対応が誠実な業者を選びましょう。

店舗型・無店舗型のメリットとデメリットを比較しましたが、より便利でリスクが低いのは後者です。事前の下調べで優良業者を見つけさえすれば長く利用していけるので、実質、無店舗型のデメリットはありません

クレジットカード現金化のまとめ

上手に利用すればその日のうちに必要額を入金してもらえるクレジットカード現金化。ただし、リスクがないわけではありません。カード会社に利用が知られれば、クレジットカードが使えなくなるなどのペナルティを受けます。

現金化はお金をもらえる方法ではなく、あくまでも「今すぐ現金を振り込んでもらう」方法です。あとから支払う必要があるため、自分の支払い能力を超えた利用は控えてください

もっとも便利で安全性が高いのは、無店舗型の業者を通して現金化することです。初心者の方はしっかりと情報収集をして、優良業者を見極めてから取引するようにしましょう。